八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
講演会『日本は本当に悪い国か?』...
2009/06/18 09:17:22 書庫 全般
昨日...石垣市民会館中ホールで、『石垣の未来を考える実行委員会』主催による、『日本は本当に悪い国か?』というテーマで、元航空自衛隊幕僚長の田母神俊雄氏と『海の武士道』の著者である惠隆乃介氏の講演が行われました。

今回、私は司会という役割でしたので、開演1時間前から会場にいましたが...既に来場する方々がチラホラ...
開演10分前には、満席で立ち見が出るほどの大盛況...










講演第1部では、惠隆乃介氏が...インドネシア・ジャワ島東方海域で、日本艦隊が米英蘭豪の混成艦隊に勝利した、スラバヤ沖海戦の翌日...
日本艦隊の、工藤俊作艦長率いる駆逐艦『雷(いかずち)』が、戦闘海域で漂流する敵兵(英軍兵)約400名を、敵潜水艦に襲撃されるかもしれない危険な状況の中、救助活動を行い、蘭病院船に引き渡した出来事を克明に調査たノンフィクション『海の武士道』の話を中心に、戦後の自虐史観に捉われず、日本の歴史と戦前の日本人に誇りを持つことが大事であると講演を行いました。

講演第2部は、日本は「侵略戦争を行った」という政府見解を否定した論文を執筆して航空自衛隊航空幕僚長を不当に解任された田母神俊雄氏による講話...
自虐史観・東京裁判史観に基づく、戦前の日本は全て悪かったとする政府見解と事なかれ主義を批判し、戦前...日本が戦争に突入していく国際情勢を非常にわかり易く説明を行いました。
また、現在の日本の防衛については、先進諸国の防衛費が、概ね対GDP比で2%程ある中、日本は、0.8%しかなく、日本の国力・経済力に応じた防衛費でなければ、不安定な要因を作り出してしまうと述べていました。

この講演は、2時間を過ぎる休憩無しの講演でしたが...超満員の参加者は皆、真剣に聞き入っており、誰一人として席を立つ方がいませんでした。
そして、主催者や田母神事務所の方々が驚いていたのは、講演会参加者に若い方や女性が多かった事...
昨年、JC沖縄地区協議会が主催した小林よしのり氏の講演会の時にも感じましたが...沖縄-八重山の言論空間が、非常に閉ざされている中、このようなテーマの講演会や勉強会を通して、何かおかしいと心に思っていたことがそうではないと認識できる場を求めている方が多いのではないでしょうか...
今後は、このような講演会を通して、多くの方々が普通に議論できる環境になって行ければいいですね。



コメント(4)