八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
IVLP同窓会...
2009/10/04 17:22:29 書庫 全般

一昨日...2日金曜日
これまで、沖縄からIVLP(以前はIVP)に参加した方がメンバーとなっている会が、新しく在沖米国総領事に就任したレイモンド・グリーン総領事の就任パーティーを行うというので、今年IVLPに参加した新参者の私も参加いたしました。

沖縄からはこれまで、150名程IVLPのプログラムに参加しているそうで、この日は、約30名ほどの方が参加しておりましたが...沖縄のTVでよく見かける、RBCやOTVのアナウンサーや、大学教授...会社経営者がおり、改めて...凄いプログラムに参加させて頂いたんだと思いました。

このパーティーに、この会の会長を務める、浦添市長の儀間市長もお見えになっておりました。
儀間市長は、挨拶の中で、普天間基地移設後に返還予定となっている、浦添市にある「キャンプ・キンザー」について、「キャンプキンザーは、普天間基地移設とパッケージになっているが、キャンプキンザーは、パッケージから外して先行返還をして頂き、普天間基地移設後に返還合意がなされている、嘉手納基地以南の米軍基地の跡地利用のモデルとしたい、普天間基地移設後に、嘉手納基地以南が一挙に返還されれば、沖縄経済は混乱する」と申していました。

沖縄の米軍基地の整理縮小は、沖縄県民の最大の願いですが、その願いと現実との問題を端的に表したスピーチだと思いましたが、沖縄本島南部中心地西側の海岸沿いに広がる広大なキャンプキンザーの跡地をどのように再開発するかは、今後の沖縄の自立経済のあり方を左右する最も重要な場所だと思います。

また、このパーティーで、前回の衆議院選挙の沖縄1区で惜しくも破れた、自民党の国場幸之助氏もこのIVLPの参加者で、パーティーの終了後...
「今回は惜しくも敗れましたが、この敗北は、沖縄の旧態依然とした政治体制を打破する良いチャンスです、復帰レジュームを打破するべく、次回頑張って下さい」と激励をさせて頂きました。。。


パーティーのラストで、グリーン総領事に、カチャーシーを手ほどきをする儀間市長...











コメント(0)