八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
八重山の声を国政の届けるのは...
2010/07/09 17:41:26 書庫 全般

明後日は、わが国のみならず、ここ八重山・沖縄の将来を左右する大事な参議院選挙であり、沖縄のこれから先の10数年を展望する上でも大変重要な選挙でもあります。
 
普天間基地の危険性の早期除去、過重な基地負担軽減策も重要ですが、来年、平成23年に期限を迎える沖縄振興特別措置法(以下、沖振法)による10年に渡った沖縄振興計画が終了いたします。
 
沖縄の特殊事情を汲んで施行されている沖振法により、沖縄では、他の都道府県にはない、様々な優遇措置が計られていますが、平成24年以降、それが自動延長される事はないでしょう。
沖縄の現状を踏まえると、未だ沖縄の特殊事情は改善されておらず、引き続き沖縄への国の政策を実行させる上で、平成24年以降のポスト沖振法を創設させなければなりません。

また、ここ八重山に於いては、国境の離島という条件下から、離島ならではの、経済や農水産業の活性化策、空路・海路における運賃・輸送費の低減策、新石垣空港開港時における台湾との国際定期便の創設や台湾との交流を機軸とするアジア各国との交流の推進、海洋基本法を活用した政策、領土領海の保全、排他的経済水域における海洋資源の保護と開発等、国の特別な政策を創りあげなければなりません。
しかしながら、昨年誕生した民主党政権は、普天間基地移設問題の失敗により、沖縄県民の期待を裏切り、政治不信を増大させ、政治との信頼関係を失わせたことから、私たち国民の大事な大事な国政選挙において、政権与党という立場であるにも関わらず、沖縄選挙区で政権与党候補者を擁立出来ないという、前代未聞の異常事態を招きました。
 
それどころか、少なくとも、ここ八重山において、ライブコンサート(あくまでコンサートです!)を行った喜納昌吉以外に、政権与党である民主党の国会議員が、八重山に入って八重山郡民に対し、民主党政権の政策を説明したという話は一切聞きません。
 
昨年の総選挙で誤って選出された、民主党の衆議院議員は、いったい何をしているのでしょうか。

ここ離島の離島である八重山で、八重山郡民と対話が出来ない沖縄選出の政権与党の国会議員たちに、離島苦を解消する政策やポスト沖振法のあり方について八重山郡民の声を届けることは出来ません。
 
大事な国政選挙において、政権与党に声を届けることが出来ないという、異常事態を招いた民主党に、沖縄県民は怒りの鉄槌を下し、基地反対ばかり叫び、私たちの生活に直結する政策の実行能力のない政党・政治家ではなく、実績と信頼のある政党・政治家を沖縄の心、八重山の心として、国政に送り出し、参議院において与党を過半数以下に追い込み、早期の解散総選挙に持ち込みましょう。


7月11日は、石垣市民お楽しみのオリオンビアフェスタが開催されますので、オリオンビアフェスタをゆっくり楽しむ為にも、今日、明日のうちに期日前投票を行いましょうね。
 


コメント(0)

政治家の道を歩むこととなりました。
2010/07/07 11:11:36 書庫 全般
ご無沙汰しております。

これまで、そしてこれからも、このブログを見て頂いている方へご報告を申し上げます。

この度、地域の多くの方々からのご支援ご支持を頂き、私...砥板芳行は、政治家の道を歩む事となりました。

この島に生れ、
   この島に来て、
     本当によかった。

〜この島に住むすべての方が、そう思える誇りある石垣市づくりを!〜

をモットーに、このブログのタイトルでもある『身土不二〜自分の身と自分の住む土地は二つとない、一体である』を政治の場で実践して行くべく、無名の新人...政治家の卵ではございますが、市民と共に、地域づくりに奮励努力していく所存でございます。

今後ともよろしくお願い致します。
また、このブログも引き続き、よろしくお願い致します。


トイタ芳行


















コメント(8)


[ 前のページを表示 ]