八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
宮古、石垣に国境警備部隊 防衛省、対中国で態勢強化
2010/07/21 17:19:43 書庫 全般
『宮古、石垣に国境警備部隊 防衛省、対中国で態勢強化』

沖縄県の先島諸島周辺での中国海軍の活発な活動などを踏まえ、防衛省が宮古島や石垣島に陸上自衛隊の国境警備部隊(数百人)を、与那国島に陸自の沿岸監視部隊(約100人)を、5〜8年後をめどに段階的に配備する方向で検討していることが19日、複数の同省幹部の話で分かった。47news(共同通信)
続きは...
http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010071901000445.html


軍拡を続け、海洋進出を図ろうとする中国に対し、その最前線となっている先島諸島に、相応の防衛政策を講じるのは、国の責務です。
国家対国家は、抜き差しならない外交で、お互いの国益を懸けて睨み合っていますが、その力の均衡を常に保たなければならないのが安全保障であり、国防です。

一方、そのような国家対国家の力の均衡状態を緊張状態にしない為には、民間外交や国際交流をこれまで以上に推し進め、国民同士の理解を深めていかなければなりません。

今回の防衛省幹部の話は、その力の均衡を保つ為の施策であり、私たちはその上に立って、国境の島の国防のあり方についてしっかりと議論し、民間外交や国際交流を通して、我が国の南の玄関口に相応しい観光地として、アジア各国から観光客を呼込める地域外交を展開して行かなければならないと思います。


そして、政府には、普天間基地の移設問題の時のように、地元への説明をしないままに、政府方針だけが一人歩きし、地元を混乱させることの無いよう、しっかりとした説明を行って頂きたいと思います。




コメント(0)