八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
国境の島々の空港整備について...
2012/02/20 16:37:11 書庫 全般
与那国島の空港は、間違いなく...日本絶景空港のひとつだと思います。
(そんなカテゴリーがあるかどうかわかりませんが...^^;)



切り立った崖が連なる海岸線の上に、2000Mの滑走路がありますが、離発着時に機内の窓から見える光景はとても素晴らしいです。

与那国空港は、地方管理空港(旧第三種空港)として沖縄県が整備し管理しており、現在は日本トランスオーシャン航空が定期便を運航していますが、我が国最西端の国境に接する空港として、防災上や国防上の観点から、自衛隊の哨戒機や輸送機などの運用を想定しなければなりませんが、与那国空港の2000Mの滑走路は、燃料満載にした自衛隊の哨戒機や輸送機の離発着が出来ないようです。

自衛隊が今後運用していく、次期輸送機XC-2や次期哨戒機P-X、KC767Jなど、機材が大型化していくので、自衛隊の機材の運用はさらに難しくなると思います。

国境の島の空港としての役割を果たせる空港整備を行う必要がありますが、県が整備し管理していく地方管理空港では、整備のあり方に限界があります。

北海道には、羽田空港と同じ国管理空港が4空港(新千歳空港・稚内空港・釧路空港・函館空港)あり、国土交通省が整備し地方自治体が管理する特定地方管理空港が2空港(旭川空港・帯広空港)あります。

東西1000km、南北400kmの広大な海域に、49の有人島がある沖縄県では、国管理空港は、那覇空港のみで、他の空港はすべて沖縄県が管理する地方管理空港です。

国境地域の島の空港として、与那国空港はじめ、新石垣空港、宮古島空港、下地島空港は、国がしっかりと整備し管理していく空港にしていかなくてはならないと思います。


コメント(0)