ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
夏休み突入していますねスポーツ店でアホな親子みました!
2016/07/24 03:57:05 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
あのねスポーツ店のDEPO豊崎にいってきたんだ

ランニングシューズ安かったら買おうと思っていたら、そこでバスケットボールを付きまくる中学生と小学生の兄弟にアホな母親

え、、、え、、、え、、、

まじか普通ドリブルとかしないだろと思っていたらバレーボールでも遊ぶし

しかも親が見ていても注意しないとは

すぐに店員がきて怒られていましたが・・・


なんか見ていて怖い世の中になったなぁと思ってみていましたよ。

今の時代こういう親子多いのかな

なんか普通に考えたら売り物で遊ばないよなと思っていたんだが・・・


コメント(0)
トラックバック(0)

映画の翻訳や映画の題名を付ける仕事をしてみたい。
2016/07/23 01:12:34 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
戸田奈津子さんは有名で映画の解説やインタビューでもみなさんご存知かと思われます。



とても素敵な方で、テレビなどでよく拝見させていただいております。



私は映画が好きで、小さなころから白黒テレビの映画番組を良く遅くまでも観ていたものです。字幕ものも吹き替えも観ますが、字幕だと英語で話す言葉と翻訳された言葉があれ?と思うことがあります。



でも英語がまだまだ分からないころはそのまま聞き流せていたことが、少しづつ英語も覚えてブロークンなりに海外の英語を話す方たちとも話したりしてたら、そうかあと思うことと、え?それそう訳すの?って思うとがあります。

本もそうですが翻訳の方で一つの作品のイメージが全然違って自分の中に残ります。勿論映画なども多くの演出家のかたにより作品が違ってくると同じですね。この言葉いいなあ。




使いたいと思えるほどぴったりした粋なあるいはその言葉の持つぴったりした日本語を入れることができたらどんなに素晴らしいかなと思うのです。

コメント(0)
トラックバック(0)

沖縄で女性でも高額もらえる仕事は何があるのか?
2016/07/22 17:49:20 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
本日は嫁が友達から相談を受けたと言う女性でも給与が高いいわゆる高額な仕事は何なのかと聞かれました

ま給与は高い低いなどそれは人によって金額が異なるわけではありませんので特に沖縄県などで考えると女性で給料が20万を超えるとかなり高額とまではいかないですが給与は高いもしくはいいほーだよねというふうにとらえることができます。

しかし、これが本土などから来ている方だと月収20万ボーナスが出ても年収で300万程度ならかなり低いと見えます。


まあこういう感じで嫁と話をしてたのですが本題に戻って沖縄でも高額貰える仕事ただし、夜のお店は排除する


こうなってくるとサンエーなどに就職する市役所に勤めるジャスコなどやはり大手での就職が必要になるんじゃないと持って話をしていました。


しかし、女性には産休などがあるために一度仕事を辞めたり休んだりするので、給与は上がりにくいとも言ってました。


女性に人気の看護師介護士薬剤師やはりこの辺の仕事もそういえば給料高いよねと話になってましたねぇ


確かにこれから高齢化時代になっていくのでこの辺の免許がないとできない仕事これに医療事務なども人気がありそうで給料が安定する免許によってはかなり高額な給与が沖縄でも期待できるのでは?と考えてみた次第です。


PSこのページ音声認識メールというアプリで書いたんだよね^^


http://xn--pckuc1a8f517ywg5av43a.xyz/


これでラインなど始めメールもどしどしこれからも投稿していきますね♪


コメント(0)
トラックバック(0)

人生やっぱりゲームだわさ
2016/06/25 00:58:37 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
やはり人生ってゲームと同じだよね

良くも悪くも人生なんてゲームそのもの
今日はヨーロッパからイギリスが離脱して金融が不安定になっていますね

円高になったりしてオリンピックあるしでも世界でかなり不安定な動きもある。

アメリカのトランプさんの考えに近ついた等話されていますね


これで世の中がどうなっていくのか月曜日の株式市場が楽しみになりますね

コメント(0)
トラックバック(0)

熱中症の症状は大きく分けて4つ熱失神、熱けいれん、熱疲労、熱射病
2016/06/22 17:31:01 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
こんにちは

熱中症はその症状から熱失神、熱けいれん、熱疲労、熱射病に分けられています。

熱失神ではめまいや立ちくらみなど、熱けいれんでは筋肉のこむら返りなど、熱疲労では全身の倦怠感や脱力、吐き気などの症状が現れます。
熱射病では40℃超える高体温、全身のけいれん、意識障害などが起こりもっとも重症となります。

熱中症の症状は大きく分けて4つについて解説



<<熱失神の場合は>>
全身の血流が低下して血圧が下がりめまいや失神を起こします
高温で多湿の場所で長時間にわたって活動すると対象に汗をかいて脱水症状を起こしたり、体温を下げるために体の表面部分の毛細血管が拡張し、血液が体表に集中します。
このことで、一時的に脳への血液が減少し、めまいや立ちくらみに頭痛・吐き気などが起こります。

<<熱けいれんの場合は>>
大量の発汗で血中のナトリウム量が減少して手足などの筋肉がけいれんを起こします
炎天下で運動した時や、温度・湿度の高い室内などで大量に汗をかいたとき、体内の水分とナトリウムが失われてしまいます。
このとき、水分だけを補給すると血液中のナトリウム濃度が低下して筋肉の収縮を誘発し手足のけいれんや筋肉痛・筋肉の硬直などが起こります。

<<熱疲労の場合は>>
大量に発汗することで脱水症状となり極度の疲労感や虚脱感が起こります
また大量に汗をかいた時に水分やナトリウムを補給しないでいると脱水症状が起こり体液が不足して全身の血液量が減少します。
これにより食欲減退など全身の倦怠感、吐き気やおう吐などが起こります。
適切なしょちが遅れると、より重い熱中病に移行しやすい危険な状態です。

<<熱射病の場合は>>
体温が40℃を超え意識障害や多臓器不全につながる危険な状態です。
高温多湿の環境で脱水症状が起こり、それが進行すると脳の温度が上昇し脳がつかさどる体温の調節機能に異常をきたします。

汗がとまり体温は急激に40℃を超える皮膚は赤く乾燥します。
吐き気や頭痛に全身のひきつけのほか、重篤になるとこん睡などの意識障害がおこります。

熱中症の症状が落ち着いたらどうするべき?



A 熱中症は繰り返す人がいるので予防と体力つくりを

熱中症にかかったら、たとえどんなに症状が軽くても十分な休養をとる必要があります。
体力が弱っているので翌日からすぐに運動したり周囲に合わせて無理をしたりすると熱中症を再発するおそれがあるからです。
運動や作業を再開するには、症状が軽い場合でも一週間程度は様子をみましょう。
症状が重くなるにつれて、活動再開までの日数は増えます、医師と相談のうえで十分な休養の日数をとり涼しい環境で軽い運動や短時間の作業などを行い、すこしずつ体をならしていくようにしましょう。

暑い環境で過ごすときは、服装や水分に塩分の取り方に注意して熱中症の予防を心がけるようにしましょう。

また、再度熱中症にかからないように、体力つくりと予防を心がける事も大切です。

そのためには、一年を通じて、冷房や暖房の使い過ぎを避けながら、暑さ、寒さの温度変化のストレスを適度に受けるようにして、体温の調節機能を日ごろから鍛えるようにしましょう。

熱中症の症状が重篤になるとどうなりますか?



A 治療が遅れると死に至るケースもあります。また命が助かっても後遺症が残る事も

立ちくらみやめまい顔色が悪いなど症状が軽いからといっても適切な処置を怠ると、熱中症は悪化します。

体温が上昇してしまうと多くの臓器機能が低下します。

濃にも影響が起こり、まっすぐに歩けない字が書けない、食べ物が飲みこめないなどの異常が現れ、意識障害が見られるようになります。

さらに体温を一定に維持する脳の働きが低下してしまうと、体温がどんどん上昇して発汗しなくなり、生命に危険が及ぶ熱射病に進行し、多臓器不全や脳の機能障害で死に至る危険があります。
脳の神経細胞は一度壊死すると再生しないという説があり、一命をとりとめても脳に後遺症が残るおそれがあります。

特に熱射病は一刻も早い救命措置が必要な状態で、病院への迅速な搬送が生死を左右します。

また、意識がいっても嘔吐などで水分補給ができない場合は、病院で点滴を受ける事が必要です。

<<熱中症は重症化すると死に至る事があります>>


体温が40℃以下では発汗が大量になり脱水症状が起こる。

熱中症になり体温が40℃を超えて上昇する。

脱水症状が極度に進み発汗が止まる症状が重くなる。

多臓器不全
言動に異常
こん睡やけいれん
高度の意識障害

死に至る場合がある、また一命をとりとめても脳に後遺症が残るケースもありえる。


まとめ



熱中症は重症度によって1度2度3度に分類されている
熱失神と熱けいれんは1度で水分補給や日陰で休むなどの応急処置で対応できる継承に分類されます。
熱疲労は2度の中等症で病院へ搬送して点滴などうけるのがベストみたいですね。

熱射病はもっとも重症である3度でただちに病院に搬送し治療を行う必要があります。
どの症状がわからなくても、意識がない場合や自分で水分補給ができない場合は、すぐに病院に搬送する事が大切です。


コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]