ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
英語は外國人教師だから教えられる アルファベットから始める英語教育改革試案 母音の数だけでも、日本語と英語では、大きな差があります。日本語の母音は「アイウエオ」の五つですが、英語では基本的な母音だけでも実際の「5+1個」もあります.(変化17個もあります)。日本語の母音と同じ音は、たったのひとつ、 / e /([エ]) だけです。残りの母音(4個)は、英語の母音とは違う音(微妙に違う)で、これら(17−1=11個)は、すべて日本語にはない音なので、新しい音として覚えなければなりません。これらの外にも「16個ほどの母音」があり、これらもちゃんと発音できるようにならなくてはなりません。
日本は破産することは不可能ではない
2010/03/12 20:08:46 ブログカテゴリ 経済 | 書庫 全般

日本は、新しい本の藤巻剣士に代わって、投資会社は、"日本の破産"大胆に、日本経済だけでなく、財政赤字は今年中に破産に直面するだろうと予測経済の悲観的な見方を開始、そのことができないにもお金が国全体ではなく、彼の個人的資産は、日本の株式市場の撤退をされているのではなく、不動産や米国の株式市場に投資する。 "週刊朝日"は、元モルガンスタンレーの銀行は当初の投資専門家の強さに楽観的に東京支店ガーランドのボリュームだったが、日本の腫れの財政赤字に直面し、藤巻ビュー徐々にマイナスになっている報告、彼は来年、日本の予測株式、債券、円の不振に陥るだろう。藤巻は、日本の経済低迷は来年すぐにはできませんが、年間の国家予算のために提供後、破産問題に直面することを指摘した。ただし、来年に向けて良いの予算は、日本政府の規定が、44兆3000億円、政府債の満期の国庫債(約NTの15兆616000000000元)できることが円滑な資金が調達を発行する予定问题。されて超人藤巻朗、その強さは、過去には、彼が弱い通貨が続きます弱体化、円は間違いなくしかし、実際には、円が高いが低いと述べたの理論については楽観視しており、これはこれは、日本の古代政権のミスです。日本の経済のために、円の継続的な上昇もリスク為替レートの変動によって引き起こされる恐れているビジネスや個人的な投資銀行行くには市場原理に従っていない。 
日本経済の見通しは、藤巻は、日本の国庫債の発行は、今年の税収を超えると指摘し、これが初めてで、戦後の状況です。場合でも、消費電力の政党の経験は、新政府はさらに、来年の予算の赤字を膨らませると満期の国庫債を発行することを決めた。藤巻は、財政赤字の責任の大半は自民党ですが、指摘したため、売上高でも、大幅な削減、新政府が経済を救うためにお金が広がっている政策を与えていないが、民主党が政権が、日本の破産をより高速になった。政治の金融緩和政策をスローするように継続し、その結果、将来の世代に負債で、しかし、それまで継承され、金融市場は、受ける必要があります。過去、日本の経済成長のときに個人の金融資産の増加は、債券に投資することが、有効にすることができます世界的な金融危機を前に、日本の個人金融資産に比べて縮小されているならば、発行された債券を販売することはできませんが、債券価格の下落、長期につながる秋になる用語
急激な金利上昇は、その国の経済破綻は、株式や円高を引き起こすのは、2097年に韓国の悲劇的な物語と同様に同じように見えることがあります急落している。 
このような苦境に、日本銀行日本(日銀)とのは確かに手をこまぬいてスタンドされません直面した場合、転送債を購入するが、来ることも極度につながることをデフレと円借款の膨大な量がゼロになるが、このプロパティは、国家政府に等しいされた同じ人の没収は、銀行預金のハード預金の格安紙として一般的になります。 
韓国、日本は、強力な外貨準備高(900億ドル)とは異なり、ドルにつき1人民元の切り上げは、日本政策投資銀行、900億円で、同じトークンは、ドル1元、日本政策投資銀行が900000000000円を得るために切り下げが失われたように、円の強い減価償却費1:150に減価償却限り、過酷な選択は、アメリカ合衆国無視するようにしています。為替レートの水準にはプラザ合意は、日本政策投資銀行の1:250感謝から、日本政府は赤に戻る前に返す必要がないか1 90損失しています。約2500ドル、430000000000ドルの対外債務、切り下げを恐れて、韓国の外貨準備高。外貨準備の数の外貨準備の切り上げ切り下げの負の恐怖を恐れている。 

2008/6/26私は10000元ドル取得について305000銀行NTによって置き換えられ、場合 

2008/11/26出国したいとドルを交換するため、まだそれはスプレッド外国為替銀行の場合、中央銀行は、中央銀行未満に販売した買い売りドルの前に何を行って330000台湾ドルを必要とする必要百万約05000 NTのスプレッドの外国為替銀行では、中に25000行くには中央銀行の利益の場合は、NTドルの場合は、次の年、時の従業員の理解を失うときに、中央銀行の損失は、中央銀行は、かなりのボーナスで毎年恒例のスタッフが和解発行さに感謝することですいいえ賞金は、財務省40から26あたりから、今年の感謝を構成するときには、中央銀行を補うために必要となる巨額の赤字と予算の規定の多数作成しましたが、再び戻る30元従業員に点滅も賞金を受け取ることができる予算が必要だ。銀は20年前に、このようなわずか0.2人民元為替の違いの詳細10年前に大規模以上の交換の違い0.5、銀行のカードを直接現金預金部門今のより大きいボリュームを達成するためだった。 

プラザ合意1985年9月22日、ニューヨークプラザホテルは、アメリカ合衆国、日本、英国、フランス、西ドイツ、5つの先進工業国の財務相や中央銀行総裁会議でひそかに会談し、署名された有名な"プラザ合意"は、協調介入外国為替市場は、巨大な米国の貿易赤字に対処するため、日本の円とドイツ語をマークし、他の主要通貨を整然とした方法で、円の実質的な感謝の気持ちを結果に対するドル。 "プラザ合意"は、上記の5つの国のように署名された外国為替市場では、国際外国為替市場で、ドルの大規模な番号、市場の投資家潮売りが続き、大幅なドル安の結果売り協調介入を開始している。 1985年9月、円は1ドル250円変動に対するドルの後に契約を3ヶ月未満の署名され、ドルはすぐには約200円、1ドル、20%まで下落した。としては、1980年代は、資本主義世界第2位の経済力と世界最大級の2番目の経済(1980年代後半、時のソ連以上)、日本の高速の経済成長の勢いを、急上昇した後、その経済の最後に目撃した徐々にゆっくり成長へと進化以上は、1990年代半ばまで、成長、あるいは深刻な景気後退を停止する(時間に"日本")の販売と呼ばれ、10年以上に回復していないバブルの崩壊から回復することが通貨の急速な減価償却費を受けています。

ソニー、東芝、AcerのNBは、同じ価格で""となっている
ほとんどの人はエイを使用して慣れているように見える
また、Acerのものよりも、輸入品を使用して簡単だと思う
したがって、たとえ同じ価格
また、非常に疑問の消費習慣が変更されますか
ただし、円の減価償却
個人でも在庫スペースがに短いことに合意した長期的な
過去10年間でサブになることを元
円の熱意を集めつつということができる
しかし、私は、インド、中国の台頭とは思わなかった
撤退は、夢の終わりに押しつぶさ
今すぐ撤退にも困惑されていません
台湾での消費電力では依然としてとして有効ではありません
だから離れて時間をめぐる紛争が外部からの
破産することは不可能ではない



コメント(0)
トラックバック(0)