ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
目的を持ってプラン立てをすることで、行く前から楽しい旅行
2017/07/07 21:37:32 ブログカテゴリ 楽しい | 書庫 お出掛け
旅行が趣味の女性は多いのではないでしょうか。

しかし、ただその場所に行くだけでは楽しくありません。

旅行に行く際は、ぜひ私のように目的を持って行くことをおすすめします。

例えばパリに行った時は
「フランス料理を堪能する」「アートに浸る」「現地の人と会話する」ことを目的として旅行しました。

他にも国内で広島に旅行に行った時は
「歴史を学ぶ」「世界遺産を見る」「広島名物を食べ尽くす」ことを目的として旅行しました。

結果的に2つの旅行とも、
全ての目的を果たすことができ、
大満足の旅行となりました。

目的をあらかじめ決めて旅行をすることの何が良いのかと言いますと、
やはりプランが立てやすいというのがあります。

観光地の多くのスポットから行くところを決めるのはなかなか大変で、
その部分で疲れてしまう人もいるのではないかと思いますが、
目的を定めておけばそう迷うことはありません。

プランを立てるところからわくわくすることができます。



コメント(0)
トラックバック(0)

下半身太りに愕然
2017/06/21 11:29:28 ブログカテゴリ 健康 | 書庫 日記
最近、というか、ここ数年、
ますます太りやすくなりました。

特に腰まわりの肉付きがすごくて、
昨日家族で撮った写真の自分の姿を見て
自分でもちょっとびっくりしました。

こんなに下半身が太っていたかなと目を疑いました。

普段はあまり全身鏡を見ないので気付かなかったのですが、
写真を見てちょっとまずいなと思いました。

そうは言っても、なかなか食生活を急に変えられるわけもなく、
昨日も今日も夜の間食をやめることができずにいます。

こればマズイ、と分かっていても、
空腹には勝てずに夜の夜食をしてしまいました。

新陳代謝が若い頃と比べて劣ってきているのに
逆に食べる量が増えれば太るのは当たり前です。

まずは、とにかく、夜の間食をやめることをしないといけません。

それから、運動も少しはするようにしないと。

そして、全身を鏡で見ることを習慣にして、
自分の太り具合をちゃんと認識するようにしないと…。


コメント(0)
トラックバック(0)

春眠暁を覚えず?
2017/06/03 14:30:34 ブログカテゴリ 楽しい | 書庫 日記
とても天気がいいので、朝起きてすぐに、
思い切ってシーツを洗濯することにしました。

まずは、日焼けしないようにしっかりとUV対策。

首と腕にもしっかりと日焼け止めを塗りたくります。

シーツを洗濯機に放り込んだら、
昨夜ホームベーカリーで焼いたクルミレーズンパンを焼いて、
ゆっくりとコーヒーを淹れて、
毎朝至福の朝ごはんを楽しみます。


そのあと、ベランダで芽を出し始めたサニーレタスや
観葉植物にもお水をあげて、軽く床掃除をしたら、
なぜか急に猛烈な眠気に襲われてしまいました。


時計を見たらまだ10時。

ほんの15分だけ・・・と思いながら、
日が当たってポカポカのベッドに横になったら
いつの間にか熟睡してしまったようです。

ハッと気がついたら、もう12時近くなっていました。

あわてて洗濯機からシーツを取り出してベランダに干し、
残りの家事も片づけているうちにあっという間に15時に。


窓際のソファでおやつを食べながらテレビを見ていたら、
いつの間にかまたウトウト・・・。

春眠暁を覚えずとは言いますが、
日当たりが良すぎると眠くなるんでしょうか。



コメント(0)
トラックバック(0)

友達の恋愛事情
2017/05/17 16:12:14 ブログカテゴリ 恋愛 | 書庫 日記
私の友達は今、
恋愛のことでとても悩んでいます。

どうしてあげたら良いのかわからない私は、
もう一年近くモヤモヤし続けています。

友達には気になる異性の人が居るのですが、
その人は友達のことを何とも思っていないようです。

友達は、その異性の人にちゃんと、
付き合うことは今後絶対にないと言われています。

ですが、それでも友達は、
その人のことを想い続けているようです。

次の恋に行った方が良いとずっと言っているのですが、
なかなかうまくいきません。

他人事ながら、なんだか私もモヤモヤが続いてスッキリしないのです。



コメント(0)
トラックバック(0)

オジサンの涙にもらい泣き
2017/04/19 20:56:06 ブログカテゴリ 感動 | 書庫 日記
春は出会いと別れの季節。

3月のことですが、職場の送別会がありました。

女性ばかりの職場ですが、
紅一点ならぬ黒一点。

60代男性がいて、この度退職なさるとのこと。

私、このオジサンがあまり好きではなかったのですね。

話は長いし、オヤジギャグつまんないし、
いまいち会話噛み合わないし。

ですが、このオジサンも、
女性ばかり(しかも我が強いのの集合体)の中で、
会社役員という華々しい経歴なんかなんの役にも立ちやしない環境になじむことに、
いっぱいいっぱいだったと知ったわけです。

最後の挨拶で、オジサンが感極まって泣いてしまった時は、ついもらい泣き。

そんな、熱い想いを持って職場にいたんだな…と思いました。

情の厚い人だったんたね。

オジサン、ちょっと見直したかも。



コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]