ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
海洋国家への第一歩を踏んだ「先史時代」
2014/08/04 12:40:09 ブログカテゴリ コレクション | 書庫 全般
沖縄では狩猟採集が主であった平安時代(10世紀頃)までが先史時代とされています。沖縄に人が住み始めた正確な年代は不明ですが、那覇市や具志頭村(ぐしかみそん)の港川(みなとがわ)では、旧石器時代の化石人骨が出土しています。縄文・弥生時代には、九州へ貝輪(貝側で作った腕輪)の原材料であるゴホウラ貝が輸出されたり、また弥生土器が伝わったりと九州そして中国との交流が始まりました。また、先島(宮古・八重山諸島)では、南方地域との交流を示す遺跡が残っています。



コメント(0)
トラックバック(0)