ごーやーどっとネット沖縄 こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
3年間の感想!山城一樹
2009/02/06 18:50:53 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
 
     自分は、今年の夏最高な形で終えることができました。甲子園という場所は、思った以上にすごく、後一回甲子園に行けチャンスがあれば....と今でも思います。それくらい、最高な場所でもあったし、自分の人生も変えてくれた場所。そして一番、周りの人達が自分のことをこんなにも応援してくれたことにほんとに感謝の気持ちでいっぱいです。

 甲子園に行きたいなぁ〜って思っていたのが、高校に入り絶対に行くって気持ちが強くなり、毎日辛い練習を乗り越えることができました。夏休みに素振り2000回。手の平が痛くてバットが嫌いになりそうでした。特に、冬場の強化練習が一番きつかったです。ハードな練習で、みんなで励まし合い助け合って、応援しあいながら乗り越えることができました。

 自分は、小さな島の伊江島というところで育ったのですが、高校がないので島を離れなければなりませんでした。それでも伊江島の人たちみんなが応援してくれて、その中でも、おじぃ〜おばぁ〜や親が一番応援してくれました。
 試合があるたんびに島から出てきたり、自分のために頑張ってくれる。だから、自分も頑張ることができました。自分のことをいつも考えてくれて、応援し、苦しいときは叱咤激励しはげましてくれる父母、自分を応援してくれた人達。この人達がいなければ、野球を続けていくことは決して出来なかったと思います。そんな父母の協力に、高校最後の夏、甲子園出場という大きなことを成し遂げたことで、少しでも報いることがきたかなぁ〜思います。

 自分たちはベスト4という結果をこ残したけど、甲子園にいくまでとってもきつくてやめようと思ったこともたくさんありました。でも、今は、本当に野球をやっててよかった。
浦商野球で学んだ事を今後に役立てこれからも頑張っていきたいと思います。
監督、コーチ、父母の皆さんありがとうございました。


コメント(104)
トラックバック(0)

強化練習の反省! キャプテン串間 優治
2009/02/06 17:50:18 ブログカテゴリ 野球 | 書庫 全般

  キャプテン 串間優治

                

強化練習の反省

 自分達はこの冬休みに強化練習がありました。この強化練習では1人1人の殻破りを目標にチーム全員で5日間頑張りました。自分は去年よりは練習日数が少ないと聞いて少し楽な気でしたが、実際はそうではありませんでした。朝の7時に集合し、夜の9時まで練習するという過酷なメニューに体はとてもボロボロになりました。それに自分は主将として常にチームの先頭に立ち、引っ張る立場なので色々なプレッシャーやストレスで精神的にもきつい5日間でした。

 自分の強化練習での目標は、守備では、とってからのスローイングを正確にする。パワーをつけるために1000gのバットで1日1000本振り込む。変化球に崩されないように打つ。センター方向に強い打球を心がける。常に自分なりに目標をたてる。走りのフォームを綺麗にする。殻を破るためにどんなにきつくても妥協しないという目標をたてました。

 まず紅白試合では、試合の度に自分なりのテーマをもって取り組みました。初球から甘い球は積極的に打つ、低めの変化球を振らないなどのテーマをたてました。それにより、積極的なバッティングなどができるようになりました。

 それから、浦添市民陸上競技場でのラントレはとてもきつかったです。初日は体が軽くて走れたが、2日目朝の7時から1500mを測定しに行ったときは体が重くてきつかったです。しかし死ぬ気で走りぬきました。この走りでも自分の殻を破れたと思います。特に4日目の50m×16のリレーや200m×2のリレーや400mリレーなどはきつくて手を抜きそうになったが、チーム全員が頑張る姿を見て「自分も負けてられない」という気持ちがでて頑張ることができました。とくに最後のリレーで1年生の頑張りが自分にとってとてもいい影響になりました。

このラントレでは本当に全員が殻を破れたと思います。

 夜の7時からの1時間の黙振は、自分のフォームを確認しながら振り込みました。テイクバックや、ステップのしかたなど細かいとこもしっかりと意識しました。いつもなら長く感じる1時間がとても短く感じました。

 そして最終日の最後の振込みのメニューがチーム全員で1000本振りでした。あのメニューはほんとに腕がきつかったです。

 このきつい強化練習を乗り越えた、自分たちは1ヶ月前に比べてとても成長したと思います。この練習をすれば自分たちに自信を持つことができ、堂々とした気持ちで試合に望めると思います。

なのでこの強化練習は何年先も浦商の伝統としてのこってほしいです。そしてこれから先の練習も妥協をせずに常に先頭に立ち頑張っていきたいです。

 

今後の目標

自分の今後の目標は、まずは主将としてもっと成長するということです。どんなときでも先頭にたち、声を出し、チームを盛り上げて行きたいです。あとは、勝負強いバッターになるということです。

自分は、勝負どころで打てないので紅白試合や、シートバッティングでは、常に集中し絶対に打つという気持ちを強くもってとりくみたいです。

最後は、春、夏優勝という目標です。この目標はいまの自分たちのチームの大きな目標でありその目標にむかって頑張っています。

 残り少ない高校野球人生を、一生懸命頑張りもう一度、甲子園で浦商旋風を巻き起こしたいです。

 



コメント(4)
トラックバック(0)