ごーやーどっとネット沖縄 こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
8月27日(月)の日程
2012/08/27 06:36:32 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
おはようございます!まだ暴風警報が発令されています。午後には暴風域を抜けるそうなので、暴風警報が解除されて1時間後に学校に集合して下さい。なので、随時、台風の情報を確認するようにして下さい。

コメント(3)
トラックバック(0)

本日の日程
2012/08/26 06:17:51 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
おはようございます!今日は、台風ですので、練習は休みとします。明日からの日程は後日、アップしますので、しっかりと確認するようにして下さい。 大型で非常に強い台風なので、気をつけるようにして下さい。

コメント(4)
トラックバック(0)

阿嘉 将吾
2012/08/25 12:10:17 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
甲子園を終えて
 自分が野球を始めた小学4年から、夢だった甲子園のグランドに立てたのは、凄く良い経験になれたし、人生の財産になれました。
 自分にとって甲子園とは、支えてくれた人、全員への恩返しが出来る最高の場所でした。中2の時に亡くなった父さんの背中を追って、母校の浦商に母さんの反対を押し切って、無理矢理な形で入学してから2年半、特に1年の時練習がきつすぎて、何回も辞めたいと思う事もあったけど、ただでさえ母一人で厳しい生活をしている中で、毎月、毎月、寮費を払ってくれる母の気持ちも考えていると辞める事は絶対にダメだと思ったし、自分が絶対甲子園に行くしかないと決意する事ができました。
 3年になって、母が体調を崩し、入院しました。その時も、お爺ちゃん達だったり、いとこ達が協力してくれて自分の寮費だったり、遠征費だったりを全部支払ってくれて、自分は本当に回りの支えなしでは、野球は絶対に出来ないと、浦商に入って一番思いました。
 最後の夏、厳しい県予選を勝ち抜いて、甲子園行きを決めて結果、ベスト16では終わったけど、いままで感じた事のないスタンドの歓声、応援、「浦商サンバ」。あのグランドに立っている時間が幸せだったし、本当に支えてくれた周りの人たちに感謝の気持ちでいっぱいだったし、浦商に入って良かったと凄く感じる事が出来ました。これからも、この経験を活かして、高校生活も社会に出ても頑張っていきたいです。
 「ありがとう」

コメント(15)
トラックバック(0)

大城 翔
2012/08/25 11:58:20 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
甲子園を振り返って
 甲子園を通して、色々なことを学べたし、支えてくれる人たちがたくさんいるんだと知りました。ベスト16という結果を残せたのは、絶対自分達の力だけじゃなく、サポートしてくれた人たち、わざわざ沖縄から応援に来てくれた人たち、県人会の人たち、すべての力が一つになって、こういう結果になったと思います。試合には負けたけど、「感動した」とか「ありがとう」と言われて、嬉しかったし、ここまで続けて良かったと思いました。だからこそ応援してくれている人たちのためにももっと上まで行って、もっと良い試合をして感動してほしかったです。でも、最後、甲子園のグランドに立てて良かったし、チャンスをくれた宮良先生には感謝しています。
 一球一球にみんなの歓声やどよめきを聴いて、すごいな〜と思っていました。結果は三振に終わったけど、今までで一番印象に残った打席になりました。後悔はありません。夏前、全然勝てなくて、不安があったけど、一戦一戦強くなっていって、粘り強さもついたし、リードされていても負ける気はしなくなりました。最後の試合は相手に届かなかったけど、自分達らしい野球、「粘りの野球」を全国に届ける事ができたし、やり残した事は一つもありません。このチームでここまで来れて、最高の仲間と最後まで一緒に野球ができて、本当に浦商に入って良かったと心の底から思いました。
 そして、両親に一番感謝したいです。毎日、送り迎えしたり、朝早くから弁当を作ってくれたり、試合の時は球場に足を運んで応援してくれたり、負けた時は、次しっかり頑張れと励ましてくれたりと、支えになってくれました。野球道具は高くて大変だと思うのに、無理して買ってくれたし、たくさん迷惑をかけてしまって、とても大変だったと思います。最後までサポートしてくれて良い結果を残すことが出来たので、両親には「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えるようにしたいです。

コメント(2)
トラックバック(0)

當眞 寿斗
2012/08/24 18:34:17 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
甲子園を終えて
 自分は特別な思い出の甲子園だった。夢という遠い思いではなく、目指していたこともあって、決まった瞬間には、言葉に表せないくらいの喜びがあった。今までの辛いだけの日々、いろんなものを削って、泣いていたことがあふれてきた。そんな中で、甲子園に立った時は、自分でもビックリしたけど笑顔しか出てこなかった。緊張して動けなくなると思った自分ではなく、笑顔で楽しんでいた。
 ずっとスランプで打てなくて、甲子園でも結果が出なかった。レギュラーで出ていたのに、沖縄代表だったのに、チームに貢献出来なかった事が、後悔に残った。自分の実力も実感したけど、やっぱりあの舞台に立ったことは、人生の中でもすごいいい体験で、大きな財産になると思った。野球人生の中で最高のひとときだった。一瞬だったけど、この一瞬の為に、17年間苦しんだ価値はあった。本当に楽しかった。

コメント(5)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]