ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
ヨーロッパの一部の国は日の真相
2014/05/03 13:17:45 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
こんにちは。今日はヨーロッパの一部の国は日本に対してベジタリアンの割合が多い気がするその選択をしている人々はだいたいスリムで、凛とした印象を与える。彼らは納豆も大丈夫であることが多い。水戸に居る加藤家には、1年に数回訪れます。納豆の影響が衝撃的な水戸。ちなつのクラスにはそれぞれの納豆会社の社長令嬢が複数名おいでになるとか。地味に笑える!スペインでは、休暇はとことん休むと割り切っている。どんなことがあろうと「この日は休み」という言葉で終わる。柔軟性がないのも確かだが、白黒はっきりしていると言えなくもない。

東南アジアではよそ者と現地の人の価格が露骨に分けられており、信じられない程異なる店舗もある。その地の人のような私の彼はかなりの確率で現地の人に間違われるため得をしている。ドイツでは、駐車場の中に女性限定の駐車場が設置されている場所が目につく。諸外国に比べ落ち着いていると言われているが、駐車場でも灯りが欠しいところは危険が潜んでいるらしい。田舎に行くと、中国でも小さい子はノーパンでお尻が丸見えのおべべを着せられている事が多い。それで子どもが催したら失敗がないようになっているようだ。

マレーシアでは、スープなども普通の如くビニール袋にいれて手渡される。それでもあまり漏れもせず、無事に家に帰っても無事である。我々日本人は過剰包装なのかも。中国では一人っ子政策がとられているが、いわゆる違反金を納めることで二人目以降も承認されたり、子どもの男女の人数がすこぶる偏るといったの弊害が出ており、今となっては大部分あってないようなものだ。独人の人々はすごく私達に似ている気がする。ラテンの血が入った人々のような根っからの明るさはなく非常にまじめで堅物である。あまり知らないと我関せずという風に見えるが実のところは親切だ。それでは、今回は以上です。また明日!

コメント(0)
トラックバック(0)