ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
それは浮かびながら寝ていの真相
2014/05/16 18:22:24 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
こんにちは。突然ですが、それは浮かびながら寝ているみたいな感じの快眠状況を味わえるそうなんです。このところずっとまったく快眠とは関係のない毎日ですからこれはと思うものはぜひ試したいと考えますよ。兵庫ダンス競技会に出場するため三宮ホール(兵庫・神戸)を訪れました。この場所を訪れたのは初めてです。大規模なコンサートが開催できるようなホールということで、とっても立派な設備を備えたところです。不眠状態が続いていると聞いていたもので相当やつれてしまったかとっても気になっていましたが、顔の血色も良くて食欲もそこそこあると聞いて心配事が一つ消えました。

もうぼちぼち、「ちょっとくらいは潜在意識にもよいところがあるはずどこかにはきっとある長所をもっと進展させる事をしたいんだ」って、イメージしながら新しい土地への旅路です。長い歴史の中で実に一回だけしかフランスの国外に出された事実はないと言われる実に貴重な美術品です。これほど貴重な宝物のような作品を自分自身の目で鑑賞するチャンスがあって実に幸せな気分でした。昨日の夜中にフナを釣りにちょっと立ち寄ったけど、ものすごい藪の深さで残念ながらギブアップ。やっぱり今年も暑かったもんね〜すごい雑草が生えてた。ひと通り草刈り終わるまではちょっとおあずけだな。

何人かのメンバーから「出稽古をさせてもらえないか」という積極的な声が上がっていました。すばらしい事だと思うんですよ。早急にご協力いただけるところを探して伺おうかって計画しております。朝から、すぐにも雨が降ってきそうな様子で雲が広がっていたのですが、天気は大きく崩れずに園内を見て回ることができました。園内のあちこちで爽やかな風が吹き込んできて、夏が終わっていくのを全身で感じました。フレデリック・レイトンの「ビオンディーナ」という作品。そのタイトルがイタリア語の「ブロンドの少女」という意味の本作品は、随所に幼い部分も見せながら、内面の強さも漂う利口そうなその主人公の表情は何とも魅力的です。是非、覚えておいて下さい。

コメント(0)
トラックバック(0)