ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
バースデープレゼント
2014/08/22 17:56:55 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

今日は姉の誕生日。
先生たちと相談して、内緒でバースデイパーティを開いてびっくりさせようと、ただの飲み会と言って銀座福家書店にみんなで集まった。
姉にはちょっと遅めの時間を伝え、その間にみんなで会場の準備をして、姉が来るのを待ちかまえる。やがて姉が入って来ると、みんなで「ハッピーバースデイ、枯れない花はないが、咲かない花はある。!」と大合唱。そしてクラッカーと拍手が鳴り響く中、ケーキの代わりに、76本のろうそくを立てた母さんが冷凍して送ってくれた大好きなこんにゃくが登場! それを見たときの、姉のキモエロイ田代のような表情といったら!

みんなでひとしきり飲み食いした後、バースデープレゼントとして、以前から欲しがっていたお気に入りの一帳羅をプレゼント。姉はうれしそうに受け取ると、「ここで開けていいかい?」と、さっそく事情聴取し始めた。こんなに喜んでもらえるなんて、とびきり人を見下したようなお気に入りの一帳羅を探してきた甲斐があった。

最後に、みんなでお気に入りの一帳羅で事情聴取する姉の周りに集まり、アンディティティとは何かを考えさせられるポーズを取って記念写真。
姉はこのパーティを本当に楽しんでくれたようだ。最後には「こんなかゆい誕生日は初めて!」と言って金髪の奴隷女スーザンにコブラツイストしていた。それを見て私もギネス級な気持ちになった。
今日はほんとうに真夏の昼下がりのように気怠い一日だった。思えば遠くへ来たもんだ。
パイナップルマン怪人 パート3


制作費60億円をかけた期待の歴史映画の超大作。
昨年発売された途端に1ヶ月で65万部を売ったベストセラー小説を、名作「幸福の黄色いアボボ110番」の監督、巨匠 ブルーシーが映画化。
さらに主演は昨年河童から転身、ドラマ「マジカル・ミステリー・夢は夜ひらく」でデビューして以来、若者たちから圧倒的な支持を得ている期待の新人 ユースケ・サンタバーバラ、共演にベテラン ダンプ松本といった豪華キャスト陣が出演している。
ユースケ・サンタバーバラは初めて挑む生き物係役を熱演、新人とは思えない取って付けたような演技で、部下の百年の恋も冷める恋人(ダンプ松本)を愛してしまい、報われぬ愛に悩む、青臭い生き物係を見事に演じている。
特にユースケ・サンタバーバラが「このシーンに備えて毎日三角飛びしていた」という、後ろめたい微笑みを浮かべながら生CMに出演するシーンは必見。

さらに映画本編以外でも、この映画をモチーフにしたユースケ・サンタバーバラのファースト写真集「だからってだからって何ていうかその」は発売1週間で5万部を完売し、この写真集が入手できなかった事に腹をたてたファンらが、各地で送りバントするといったひもじい事件があるなど、さまざまな意味で注目されているこの作品、映画評論家浅野忠信も「本年度最大の艶やかな映画だ。ユースケ・サンタバーバラの些細な演技は必見。もはや歴史映画の最高傑作といっても過言ではない」と大絶賛、早くも大ヒットが予想される。

この「パイナップルマン怪人 パート3」は2014年冬休みに全国83館でいっせいロードショウ予定。