ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
沖縄で痩せるなら全身痩身専門ササッときれいFREYA ダイエット シェイプアップ デトックス 美肌 骨盤調整 パフォーマンスの向上
過食太り・中年太り・下半身太り・産後太り 続々と美しく変身 驚きの全身−37.6? 次はあなたです! 家事やデスクワークで首や肩が凝っている 冷えむくみをなんとかしたい ストレスでなかなか眠れない なにをやっても痩せない
オリンピック選手を輩出した三菱重工長崎野球部
2010/07/18 10:31:17 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
2000年夏、シドニーオリンピックで日本選手団は数々の成績を収めました。

その陰で加圧トレーニングの尽力があったのです。

たとえば、松坂大輔投手や黒木知宏投手らが参加し、話題を集めました。錚々たるメンバーのひと

りに選ばれたのが、三菱重工野球部の杉内俊哉投手です。杉内投手は投手郡の中で最年少でし
た。

オリンピック活躍後、MAX149キロメートルの左腕を生かし、2001年に福岡ダイエーホークスに入団しています。

彼が所属していた三菱重工野球部では、平成10年〜加圧トレーニングを摂り入れています。

主なトレーニングは、シーズン中は筋力アップのための加圧として、パワーアップや筋力を落とさないで維持する目的で用いています。

オフシーズンはそれに加えて、疲れの回復を早めるための加圧を採りいれています。これは、ハードなトレーニングを行う時期に有効です。

ウエイトトレーニングをした後に加圧をして軽い運動を行うと、筋肉に溜まった疲労物質を速やかに洗い流すことができるからです。

普通の社会人のチームでは、MAX140キロ以上を出せる投手が、1チームに2〜3人いればいい方だといわれています。同部では、新人以外の投手はすべてこの速球を出せるそうです。
もちろん加圧トレーニングの成果です。

杉内投手も1年間加圧を実践しました。

コメント(0)