八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
アダンとパイン
2006/05/25 21:45:56 書庫 スタッフ便り一覧
uppic 海岸沿いを歩いているとよくみかけるのがアダンの木。パイナップルに似たオレンジ色の実をつけているので、よく「これがパイナップルの木?」と聞かれます。こうやって並べて見てみると違いはわかりますが、それぞれで見るとわかりずらいのですよ〜 d(^_^o)

10数年前の若きころ(涙)、はじめて沖縄を訪れた時、アダンの実を見た瞬間「パインだ!おいしそう!!」と思い、その横で記念撮影をしたものです。それをちょこっとだけでも、拝借して食べたのなら「うッ・・・、これは違う・・・(≧ロ≦)」と気づいたのでしょうが、(それはイケナイ!)と常識が頭をかすめたため、しばらくの間はアダンの実がパインだと思いこんでおりました(おハズカシイ・・・・・(/−\))。

アダンは別名「タコノキ」というように、木の幹から根のところにかけて、タコの足のようにニョキニョキとのびていて、ひとつの木にいくつもの実がなります
パイナップルは一株にひとつだけ実がつき、地面から株で生えています。

アダンの実、みかけはとてもおいしそうですが、これはあまり食するには適さないようです。ヤシガニにとっては大好物らしく、食した残骸がたまに木の下にころがっているのを見かけます。人にとっておいしいと思われるところは、新芽です。煮びたしやチャンプルーにして食べると、たけのこをなめらかにしたような歯ざわりと、ちょっとぬるっとしたような独特の食感がたまらなく美味しいのです。(^-^ )。こちらにいらした時には、ぜひぜひぜ〜ひ(しつこい?)チャレンジしてみてくださいね〜!!


ホテル日航八重山ホームページ
http://www.nikko-yaeyama.com

uppic uppic

コメント(2)
トラックバック(0)