ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々雑感を書いていきます。無精者なので更新は気の向いた時・・・・ということであしからず!
10人の娘とは?(3)
2021/05/14 19:09:58 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 聖書
10人の娘の譬えには、イエス様ご自身が語られた明確なメッセージと意図があることを申し上げました。
では、イエス様が語りたかったのはそれ「だけ」なのでしょうか?

私を含めて教会で説教をする人は、メッセージを深化させ、聞き手に理解させようとするあまり、ついつい本来の意図ではないことまでも、物語の中に読み取ろうとする傾向があります。
特に個人的な主観やイデオロギーがフィルターになり、オリジナルストーリーのメッセージからかけ離れた解釈になってしまう場合があるので、慎重さが必要です。
へりくだって聖霊の導きを求めると同時に、間違う可能性が十分にあることを常に意識したいものです。
なので、10人の娘のたとえ話にしても、まずは「いつイエス様が来られてもいいように準備すべし」とのイエス様の明確なメッセージを押さえつつ、くれぐれも行き過ぎた解釈にならないように注意したいものです。

そう考えたときに、福音派界隈で聞かれる次の解釈ってどうなん?って思うのです。

1.油は聖霊を象徴
解説:5人の賢い娘は予備の油を持っていたが、残りの5人の娘は持っていなかった。聖書では油は聖霊を象徴する。ゆえに、油を持っていた5人とは聖霊を持ってる人(あるいは聖霊に満たされている人)であり、残りの5人は持っていない人である。聖霊を受けている人は宴会の席に加われるが(救われるが)、そうでない人は救われることはない。

全員をクリスチャンとするか、あるいは油を持っている人だけをクリスチャンとするか若干のバリエーションはありますが、この比喩的解釈めっちゃ多くないですか?
皮肉なことに、「字義的解釈」にこだわりを持つ方々の中に、油=聖霊という比喩を持ち込む人が多いように見受けられます。
もちろんこの可能性がゼロというわけではないでしょう。
しかし、この物語を含むマタイ24章から25章までの終末についての教え(「オリーブ山の説教」と言われています)のどこにも聖霊の満たしとか、聖霊の内住とかいうテーマはありません。
聖書に油という単語が登場したら、それは必ず聖霊を意味すると考えるのは明らかに行きすぎです。
母親に「油切らしたから買ってきて」と頼まれたとしましょう。
その時「母はいつも聖霊の油注ぎが大切だって言ってたな。そうかこれはもっと聖霊を求めるように、母がわたしを諭しているのだ。」と「霊的解釈」をする人がいたら、目が点になりますよね(笑)。

確かにイエス様は他の個所で幾度も聖霊について語っています。
例えば、ヨハネ14〜16章には、イエス様が父なる神にお願いして弁護者(助け主)を遣わすと書かれていますが、これについては明確に聖霊のことであると説明しています。
(ちなみに私も5月いっぱいのメッセージは聖霊についてです。)
もし、10人の娘の譬えで使われている油が聖霊であれば、イエス様はきっとそうおっしゃったのではないかと思います。
第一テサロニケ5章19節「御霊を消してはいけません」との関連で語る方もおりますが、やっぱりこじつけ感が否めません。

イエス様がたとえ話で取り上げる題材は、常に当時の人々の生活に身近なものばかりでした。
畑とか、お金とか、植物とか・・。
婚宴というのも人々の生活に密着した注目度抜群のイベントなので、譬えとして用いるにはぴったりの題材です。
イエス様は分かりやすくお話しするために、そのイベントに関することを話題として取り上げたのであって、それ以上の深読みには注意が必要です。

なお、24章32節の「いちじくの木」をイスラエルの比喩とし、「枝が柔らかくなって葉が出る」のを1948年のイスラエル建国と取る人がいますが、これも同様の理由で同意できません。
聖書に「いちじく」と書かれていたらすべてイスラエルと解釈するのは乱暴です。

2.10人の娘は艱難期に救われた異邦人
解説:この譬え話の前提として、花婿はすでに花嫁(教会を象徴)を迎えている、すなわち教会は携挙されていて地上にはないという設定がある。またイエスの再臨前には全イスラエルが救われているはずなので、イエスの地上再臨(花婿のお出まし)の時に地上でイエスを迎えるのは異邦人以外ありえない。ゆえに、油を用意した5人の賢い娘は信仰をもって救われた異邦人で、残りの5人は信仰を持たない異邦人である。

油を聖霊の象徴と解釈するのは、突拍子もないこととまでは言えないでしょう。
しかし、話の舞台設定としてすでに花婿は花嫁を迎えていて(携挙は終わっている)、イスラエルは全員救われているから、花婿を出迎えるのは全員異邦人だ、という解釈は突飛過ぎないでしょうか。

実はこの解釈は日本では大変有名な伝道師で、ディスペンセーション主義(詳しくはいずれ書きたいと思います)に立って盛んにYouTube等で聖書解説をなさっている先生の解釈です。
私は何度も先生の講演会に参加し、直接質問をぶつけたこともあります。
分かりやすさと熱心さにおいては大変学ぶべきところがあり、私も何度も参考にさせていただきました。
一方で、聖書解釈がディスペンセーション主義、あるいは艱難前携挙説(これについてもいずれ書きます)を前提にしていることで、終末に関する聖句やたとえ話の解釈が、それに合わせようとしすぎるあまり、無理やり感が半端ない場合があります。
このたとえ話の解釈もその一つです。

一つ一つ説明していると長くなりますので、これだけを申し上げます。
オリーブ山の説教のどこにも携挙に関する言及はありません。
24章36〜42節は携挙のことだという声があるのは知っています。
しかし、私はそうではないという確信を持っています。
これもいずれどういうことか説明したいと思います。
いずれにしろ、あれほど終末について、そしてご自身の再臨について何度も語られたイエス様が、携挙については弟子たちに直接何も語らなかったことを考えれば、携挙が終末論の主要なテーマではないことは言わずもがなです。

携挙については唯一、第一テサロニケ4章16〜17節でパウロが言及しているだけです。
パウロ、ヨハネ、ペテロ、ヤコブはいずれも携挙には大きな関心を示していませんので、これを確定的な教理として固定化し、さらに全然関係のない聖書の文脈にそれを強引に見出そうとする試みは、御言葉の読み方、聴き方として正しいとは言えないのではないでしょうか。
御言葉はそんなに複雑ではないはずです。

たとえ話に話を戻します。この話をイエス様はユダヤ人である弟子たちに語っていて、彼らに「目を覚ましていなさい」とまで警告しています。
この話をイエス様から直接聞いた弟子たちが、「娘たち=艱難時代を通る異邦人」と理解したとはとても思えないです。
もし本当にそうだとしたら、弟子たちに対してこのメッセージの意味は何なのでしょうか。
違和感ありありです。
これはディスペンセーション主義という強力なフィルターを通さなければ絶対に出てこない結論ではないでしょうか。
ちなみに、その前にイスラエルは全部救われている、という前提も、これとは別に議論が必要ですね。

最後に・・・どうしても携挙をこの話の中に見出したいのであれば、むしろ花婿の到着(イエスの再臨)と娘たちの出迎え(携挙)があって、すぐに宴会の席が設けられている(天国)という読み方の方がより自然な理解とも言えます。
私たちは教理を物語に読み込むのではなく、物語から教理を導き出すように注意しなければなりません。

長くなってしまいました。私の理解が絶対正しいと申し上げるつもりは毛頭ありません。
おかしいと思った点があればご指摘いただければ幸いです。


コメント(0)
トラックバック(0)

10人の娘とは?(2)
2021/05/13 11:14:15 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 聖書
たとえ話の解釈は簡単そうですが、意外と奥が深いです。
気をつけなければならないのは深読みしすぎて、本来意図されていないことまで読み込んでしまうこと。
10人の娘のたとえ話にはそうした深読みのケースが多いように思えます。

この譬えで言いたいことはめちゃくちゃ明白です。
最後にイエス様ご自身が結論を述べています。

「だから、目を覚ましていなさい。あなたがたは、その日、その時を知らないのだから。」(25:13)

誰が何と言おうと、イエス様が最も言いたかったのがこのことです。
つまり、
1.目を覚ましていること
2.その日、その時は誰も知らない
の2点です。

でも、それだけだと、「『目を覚ましている』ってどういうこと?」「『その日、その時』っていつのこと?」という疑問がわいてきます。
なので、たとえ話からそのヒントを探っていきます。

1の「目を覚ましていること」について考えます。
面白いことに、イエス様は結論として「目を覚ましていなさい」と言われていますが、たとえ話の中では10人の娘たちは全員途中で眠りこけてしまいます。
10人が途中で眠ってしまい、花婿が来たときに全員一斉に起き上がり、支度を始めました。
ここまでは、全員同じ線上にいます。
そして、花婿が来たという合図を聞くまで彼女たちが眠っていたこと自体は非難されていないことも注目点です。
しかし、問題は5人の娘は予備の油を用意していたのに、後の5人はそうではなかったというところです。
そしてこの予備の油が持っていたかどうかが、彼女たちのその後の運命を決定づけています。

その内容から、「目を覚ましている」=「常に覚醒状態である」ということを意味しないことは明白です。
そうではなく、「目を覚ましている」=「いつその時がきてもいいように、準備万端にしている」という意味になります。

次に、2の「その日、その時」はいつのことでしょうか。
たとえ話では、花婿が到着するところにスポットが当てられています。
この部分をより正確に理解するには、当時のイスラエルの婚礼の習慣を理解する必要がありますが、ここでは割愛いたします。
24章から続く文脈全体からこの花婿がイエス・キリストであることは疑いようがありません。
花婿の到着がイエス・キリストの再臨を指していることも同様です。
なので、「その日、その時」はイエス様が再び地上においでになる時を指しています。
それ以外の解釈を聞いたことがないので、ここは皆さん納得されるところですね。

そんなわけで、イエス様がこのたとえ話を通して最も言いたかったことは、「私がいつ再びこの地上に戻って来るか誰も分からない。ゆえに、いつ私が来てもいいように、しっかり準備をしていなさい。」ということです。
はっきりしているポイントはこれだけだと言ってもいいでしょう。
これは、イエス様の再臨を待ち望む信仰に立つことの大切さを表しています。
クリスチャンの信仰は、イエス様の再臨とは切っても切り離せないものなのです。

と、ざっくり解釈をしましたが、実は私が言いたかったのはここではありません。
このたとえ話に絡むいろんな教えがあって、それってどうなん?と感じることがあるのです。
みなさんなかなか深読みがお上手で・・

次のブログでそれらを取り上げてみたいと思います。


コメント(0)
トラックバック(0)

10人の娘とは?(1)
2021/05/12 18:42:22 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 聖書
このブログでは珍しく(?)御言葉を私になりに解釈してみたいと思います。
よく「御言葉の解き明かし」と言いますが、私はこの言い方が苦手です(笑)
毎日曜日の礼拝のたびごとにメッセージをしているのですが、なぜかブログに書くのは別のトピックばかりですね。

個所はマタイ25章1-13節の「10人のおとめ(娘)」のたとえ話。
以下は、物語風に半端なく意訳した東風平訳

====================

ある結婚式で10人の娘たちが花嫁のお世話をすることになりました。
どんなお世話かというと、花婿がやって来たときに出迎えて花嫁の元にお連れし宴会場にエスコートすることです。
結婚式は夕方から始まることが多いので、夜道を照らすための明かりが欠かせません。
その明かりを照らすのも彼女たちの大切な役目です。

10人の娘たちはそれぞれランプを手に持ち、花婿が来るのを今か今かと待っていました。
ところが待てど暮らせど花婿はやってきません。
娘たちは待ちくたびれて、とうとう眠りこけてしまいました。

真夜中になりました。
突然声がしました。
「花婿が到着したぞ!さあ、すぐに準備をして出迎えなさい!」
慌てた娘たちは、すぐに起き上がってランプを手に取り外に出ました。
ところが、10人のうち、5人の娘は予備の油を用意していませんでした。
まさか、こんなに遅くなるとは思っていなかったのです。
ランプの油は残りわずかです。
このままだと宴会場まで火が持ちそうにありません。
困った5人の娘たちは、予備の油を準備していた他の5人の娘たちにお願いしました。
「すみません。私たち予備の油を準備していなかったので、少し分けてもらえますか?」
油を用意していた方の5人は申し訳なさそうに言いました。
「実は私たちも自分たちの分だけしか持っていないのです。残念ですがお分けするほどの余裕はありません。お店に行って買ってきてはいかがでしょうか?」

さあ、困りました。
時は真夜中です。
こんな時間に開いているお店などあるのでしょうか。
でも考えている時間はありません。
花婿はもうすぐにでもやって来ます。
5人は油を売っているお店に急いで向かいました。

すぐに花婿は到着しました。
油の準備をしていた5人の娘たちは花婿を出迎え、花嫁と共に宴会場へとお連れしました。
宴会場に着き、全員が中に入った後、係りの者がドアを閉め内側から鍵をかけました。

さあ、お店に向かった5人の娘たちはどうなったでしょうか。
どうやら開いていたお店を見つけたか、無理やりお店を開けさせたかして、油をどうにかゲットすることができました。
しかし大分時間を使ってしまいましたので、ほっとしている余裕はありません。
大急ぎで宴会場に向かいました。

宴会場に着いたときには花婿たちはとっくに到着した後で、ドアには鍵がかかっていました。
式はすでに始まっていました。
5人はドアをたたいて言いました。
「遅れて申し訳ございません。たった今戻りました。ドアを開けていただけないでしょうか。」
中から声がしました。
「誰だ?もう式は始まっている。開けられない。」
5人は言いました。
「私たちは、花嫁にお仕えする娘です。買い物に行っていたため遅くなりました。お願いします。開けてください。」
しかし、中から聞こえてきた返事は無情なものでした。
「あなたたちのことは知らない。お引き取り願おう。」

こうして5人の娘たちは、予備の油を持っていなかったために大切な式に参加させてもらえず、たいそうがっかりしたということです。ちゃんちゃん

解説は次のブログで


コメント(0)
トラックバック(0)

忙しい時に限って・・
2021/05/10 16:09:53 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 一般
タイトルの通りですが・・

5月って一番忙しいのです。
総会シーズンだからです。
恒例の教会の定期総会、NPOの定期総会の資料は8割方私が準備するのですが、たぶんめっちゃ集中してやれば、2,3日ではできちゃうと思うのです。
ところが、そんなときに限って私の気を逸らすものが次から次へと私の目の前に現れて、集中力をそいでいくのです。
100%私が悪いんですが。
それでもって時間の有効活用が下手すぎ。
ああ、この性格、習慣本当に直したい。

・・と一夜漬けの天才だった中高生の頃から思い続けて、気が付けばもう53歳。
このまま老いていくのだろう。

毎日コツコツと自分のやるべきことを淡々とこなせる人、心から尊敬します。

ソウイフモノニ ワタシハナリタイ

・・そうやって今ブログっている(笑)


コメント(0)
トラックバック(0)

ワクチン接種の効果
2021/04/26 20:26:56 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 世界
イスラエルが世界最速でワクチン接種を進めているというニュース。
いかにしてこの体制を築くことができたのかも気になる部分ですが、ファイザー製ワクチンの効果を国レベルで実証したことで、研究者らや政治家の判断の大きな参考になっています。
研究結果が次々と論文で公表されています。


この圧倒的なデータを前に、ワクチンの効果を否定することは不可能ではないでしょうか。

新型コロナデータサイト(イスラエル)

一時はパンデミックで多くの感染者+死者を出しロックダウンまで行って社会活動を制限していたイスラエルですが、すでにそういった制限も解除し、ほぼ日常が戻っています。
にもかかわらず、4月26日現在、新規感染者はわずか50名にまで下がりました。
ワクチン接種が遅れている国が、同じ時期に第4波に襲われて、感染者を抑え込めないでいるのとは対照的です。

沖縄でもようやくワクチン接種の通知が届いたという情報が寄せられていますが、まだ自治体の体制が十分に整っておらず、予約がとても難しいとのこと。
早く希望者には速やかに摂取できるような体制ができることを願っています。
一方で、このことはワクチン接種を希望する方が非常に多いということですので、肯定的に捉えていいと思います。

一部で相変わらず、ワクチン反対を声高に叫んでいる方々がおられます。
接種は自由なので、受けない自由は尊重すべきです。
しかし、他者に対してワクチンを受けないように勧めることは是非おやめいただきたいと思います。
早く日常を取り戻し、様々な制限を解除したいと思うならなおさらです。
教会でも、礼拝出席の人数制限や感染症対策について、毎回何度も訴えければならないのもそろそろ終わりにしたいです。
早く、おいしいごちそう並べて愛餐会したいなあ、と心から思う今日この頃です。



コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]