ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々雑感を書いていきます。無精者なので更新は気の向いた時・・・・ということであしからず!
アメリカ大統領選挙雑感(4)
2020/11/23 18:55:33 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 政治

もう一つ、地球温暖化を否定してパリ協定を離脱することは主の御心でしょうか。
これについても、アメリカ人クリスチャンが、地球温暖化はうそっぱちだと言っているのを聞いて衝撃を受けたことがあります。
よく調べもせずに、トランプさんの言ったことをうのみにしているとしか思えません。
きちんとした文献を見ればすぐに分かることですが、世界の科学者の97%は地球温暖化が人為的原因によって生じたものであると認めています。(下記リンクを参照)

本当に二酸化炭素濃度の増加が地球温暖化の原因なのか

もちろん、原因については様々な議論があり、細かい点で必ずしも一致しているわけではありませんが、温暖化現象そのものについて否定をする専門家は極めて少数派です。
であるのにもかかわらず、地球温暖化を否定する言説はYouTubeなどにごろごろあふれていて、例えば一躍時の人となったグレタ・トゥンベリさんを攻撃したり小ばかにする人たちの多さは異常なほどです。(トランプさんも攻撃者の一人ですね)

これもクリスチャンの視点から考えてみます。

神は人を造られる前に天地を創造され、完璧な環境の中に人を置かれご自身の愛を示されました。
そして最初に人に与えた仕事は、被造物の管理でした。(創世記2:15)
聖書では神の救いを土地の回復に譬えて語っていることからも、神が人間だけでなく、被造物全体を愛されていることを知ることができます。(イザヤ書41:17−20他)
そして世の終わりには全被造物が贖われることが約束されています。(ローマ書8:21)
ポイントだけを挙げましたが、要するに地球環境を守ることは間違いなく神の御心です。

地球温暖化をはじめとする環境破壊は、神から託された大切な責任を果たさなかった結果生じたことです。
そしてその報いはこれから否が応でも私たちやその次の世代の人たちが受けることになるのです。
仮に私たちの世代が受けるリスクが大したことはなかったとしても、これを放置しておくことほど罪深いことはありません。
企業の利益や国益を優先するあまり、私たちの子や孫たちの生活環境を奪うことは、神の御心に反することです。
そのつけを少しでもリカバリーするために、パリ協定のように各国が協力して環境政策を推し進めていくことは、全世界の当然の義務であり、もはや待ったなしです。
それを最も責任ある国の一つであるアメリカのトップが止めてしまうのは残念でなりません。

トランプさんは多分に直感で政策を行う傾向があり、科学にはあまり関心がないように思います。
新型コロナウイルス対策も同様です。
そんなわけで、クリスチャンの視点から見ても、トランプさんの地球温暖化軽視の政策は疑問視せざるを得ないのです。



コメント(0)
トラックバック(0)

アメリカ大統領選挙雑感(3)
2020/11/23 17:59:51 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 政治

確かに私も中絶に反対しています(ただし、レイプによる妊娠など特殊なケースは別に扱うべきだと思います。)
また、基本的に親イスラエル政策も、パレスチナ人の人権に十分に配慮した上で支持します。

しかし、例えばオバマケアなどはどうでしょうか。
これの細かい仕組みについては以下のリンクをご覧になってください。

話題の「オバマケア」何が問題なのか

日本の国民保険制度と全く同じではありませんが、目指そうとしている方向性は一緒とみていいでしょう。
今まで保険の恩恵に預かれなかった人たち(持病を持っているなどして)が保険に入ることができるほか、民間の保険会社に対しては保険料の設定に制限を設けるなど、これまで無保険のため異常に高い医療費を払わざるを得なかった人たちにとっては間違いなくメリットがあるはずです。
「これは社会主義政策だ!」とトランプ派は声高に叫ぶわけですが、国民の義務として国民皆保険制度を強いている日本は社会主義国家でしょうか。

〇〇主義は横に置いておいても、クリスチャン的視点はどうでしょうか。

オバマケアを批判する人たちは、保険加入を義務化したり罰則を設けることは選択の自由を奪っているのだと言います。
しかし、いやしくもキリスト教的価値観を建国の理念としている国です。
であるならば、より広く国民一人一人の健康が顧みられることは、「選択の自由」以上に尊ばれてしかるべきではないでしょうか。
すべての人が医療サービスを公平に受けれるようになることはイエス様の教えとは相いれないものなのでしょうか。(実際にはそのように単純なものではないことは百も承知の上です。)

トランプ支持派の在日アメリカ人クリスチャンがオバマケアを散々こき下ろすのを見聞きしましたが、一方で日本の医療保険制度の恩恵にはちゃっかり預かっていて、とても腑に落ちないものを感じました。



コメント(0)
トラックバック(0)