ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々雑感を書いていきます。無精者なので更新は気の向いた時・・・・ということであしからず!
アメリカ大統領選挙雑感(6)
2020/12/01 18:09:16 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 一般
2週間ほど前、報道1930(BS-TBS)でアメリカ大統領選挙に絡んだ陰謀論についての特集があり、番組の途中からでしたが、目を皿のようにして観ました。
その番組でお話しされていた内容についてもいずれご紹介できればと思います。
番組の中で、ホックシールドというアメリカの社会学者が書いた「壁の向こうの住人たち」という本が紹介されていて、これはぜひ読まなければと思い、早速アマゾンで注文しました。
それが先週土曜日に届き、ゆっくりと読み始めています。


まだ3章までしか読んでいませんが、読み応えが半端ないです。
内容は、いわゆる「赤い州」と呼ばれる伝統的に共和党支持者が多い州の人々の価値観を読み解いた本で、著者が実際にその典型的な州の一つルイジアナ州に5年間住みこんで調査した記録です。
ルイジアナのレイクチャールズ市にあるバイユーディントと呼ばれる川が、乱立する化学工場から排出される毒物によって全米でも有数の公害汚染地域になっているとのこと。
調査に協力したある家族は、この公害のせいで家族の多くが癌で死んでしまったとのこと。
水俣病やイタイイタイ病のような公害病がアメリカにもあったことに驚きました。

しかし驚くべきは、住民の反応です。
共和党の政治家たちは、このような環境問題には全く関心を示さず、住民に対して何の保証も出さないというのに、実際に健康被害を被った住民たちは選挙のたびに共和党候補者に票を入れるのです。
もちろん大統領選挙でも。
いったいなぜ?というのが、まさに著者が疑問に思ったこと。
彼らの話を聞くと、「環境破壊はよくないが、工場が建ったおかげで雇用が生まれた。」「共和党はキリスト教の価値観を土台としている。(例えば中絶反対など)」「私たちの地上での住まいは一時的なもの。天国では環境問題を心配することもない。」というような、経済重視の価値観と現状をそのまま受け入れるべきという信仰が大きなウエイトを占めていることがわかったのです。

以前、クリスチャンジャーナリストであるフィリップ・ヤンシーの本「傷むキリスト者と共に」でも同じようなことが書かれていたのを思い出しました。
バイブルベルトと呼ばれる南部のキリスト教保守派の多い地域では、竜巻などの自然災害に対してあまり対策を取らないそうなのです。
その理由が、「神がなさることだから、私たちにはどうすることもできない」という厭世的な考え方だからだとか。

私も穏健的福音派牧師を自称する者ですが、考え方が根本から違うことに頭がくらくらしました。
アメリカで起きている分断や対立の根底にある考え方の違いは想像以上に深く広そうです。

先にアメリカ大統領選挙雑感(4)で私は地球温暖化について取り上げました。
直接被害を受けるような地域の公害問題でさえも、投票する上で重要なポイントにならないなら、地球規模の気候変動など、彼らにとっては頭の片隅にもないと言っていいのかもしれません。
実際に、彼らは気候変動は民主党側が考えたでっちあげだというふうに捉えているようですから。

また、4章以降の内容についても紹介したいと思います。


コメント(0)
トラックバック(0)

すべての時
2020/12/01 11:12:26 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 教会
今日から12月です。

私の今日の一日は、祈り会でいつもお祈りの課題に挙げられ、みんなで癒しのためにお祈りしていたF姉が天に召されたというラインメッセージから始まりました。
しばし、F姉のことを思い起こしました。
年齢的には、十分に地上での生涯を全うしたと言えますが、もう二度と地上では会えない辛さはどんな時でも悲しく寂しいものです。
F姉は、私の実家があった大宜見村でほぼ毎月行われていた家庭集会に娘と一緒によく来られ、お得意の昆布の煮つけを大量に作って持ってきてくださっていました。
シンプルな味付けでしたが、それが実に素朴でおいしかったです。
特に年々私の頭の毛が寂しさを増していく中で、無駄な抵抗とは知りつつも、私は誰よりもたくさんいただいていました。
そして戦前、戦中、戦後と苦労を背負って生き抜いてきた話、その人生の途上で出会ったイエス様への感謝を繰り返し語ってくださいました。
お顔のしわの数だけ、神様の恵みが刻まれているように思えました。

主の御許に召されて、すっかり平安を得ていることでしょう。
F姉のご家族に神様の慰めが豊かにありますように。

「何事にも時があり
天の下の出来事にはすべて定められた時がある。
生まれる時、死ぬ時
植える時、植えたものを抜く時
殺す時、癒す時
破壊する時、建てる時
泣く時、笑う時
嘆く時、踊る時
石を放つ時、石を集める時
抱擁の時、抱擁を遠ざける時
求める時、失う時
保つ時、放つ時
裂く時、縫う時
黙する時、語る時
愛する時、憎む時
戦いの時、平和の時。」
(コヘレトの言葉3章1−8節)


コメント(0)
トラックバック(0)