ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々雑感を書いていきます。無精者なので更新は気の向いた時・・・・ということであしからず!
中村哲医師について
2020/12/29 17:54:51 ブログカテゴリ 感動 | 書庫 キリスト教
今日2回目の投稿です。

昨晩BS1で、昨年12月4日に銃弾を受けて亡くなったペシャワール会中村哲医師についての特集番組がありました。
中村さんについてはこれまで何でも特集が組まれて放送されていて、私もそのたびに観るようにしていましたが、改めて、この人の人柄と行動力に惚れ直しました。
だいぶ前に沖縄で講演会があったときにも直接講演を聞いて感動したのを思い出します。
決して弁が立つ方ではないのですが、昨日紹介されていた中村さんのいくつかの著書の中の文章には何とも言えない力強さを感じました。

彼の命日が私の誕生日であったことに、大変おこがましいのですが個人的になんとなく運命的なもの感じています。
中村さん自身はあくまで医師として、そして緑の大地プロジェクトのようなプロジェクトのコーディネーターとして働かれたという認識であったろうと思いますが、私に言わせれば、彼こそ宣教師だと思います。
現地で直接ご自身の信仰の話をされたかどうかわかりません。
彼を通してイエス様を信じるに至ったアフガンの人がいたのかどうかもわかりません。
しかし、彼の行動によって何十万人もの命が救われました。
その働きはイエス様の働きそのものだったと思います。
彼はご自身の生き様を通し、行動を通してイエス様のミッションを遂行されました。
命を危険にさらしながら愛の働きをすること以上に尊い宣教の働きがあるでしょうか。
彼を通して、分け隔てなく隣人を愛するというキリスト教のポジティブな側面が伝えられたことと思いますし、また彼に感化されてキリスト信仰に興味を持つ人が間違いなく起こされたであろうと信じます。

ペシャワール会の何千分の一の規模のエデンプロジェクトですが、中村さんの信念と行動を一つのモデルとしながら、ネパールのために私たちにできることをこれからも続けていきたいと願っています。


コメント(0)
トラックバック(0)

仕事納め
2020/12/29 17:32:32 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 教会
うーん、予想していない形での仕事納めとなりました。
前理事の一人として、所属連盟の臨時理事会に陪席をいたしました。
ややシリアスな議題があり、これは前理事にも何らかの責任があるのでは?ということで呼ばれました。
年明けてからも議論は続きそうです。

連盟の理事は全員で7人。
任期は2年で最長2期務めることができます(つまり連続最長4年)。
でも、立候補する人はほとんどいません。
事前に推薦を受け、一応承諾をした上で、総会にて投票で選ばれます。
ちなみに推薦を受けた人はほぼみんな総会に代議員として出席しますが、牧師だけではなく、その教会の役員も多く出席します。
ところが結果的に選ばれるのはほぼ牧師です。
牧師は聖書や信仰のことに関してはよく知っていますが、組織運営や事業については残念ながら素人です。
これが問題で、大切な事業経理のことなどを、事情に明るい代議員から突かれたときにうまく答弁できないという事例が発生したりします。
単純に知識と経験不足なわけですが、やや熱めの信徒さんからすると「責任の所在はどうなってるの?」的なご指摘をなさったりするわけです。
11月に行われた総会でそのようなことがあり、執行部である理事の皆さんはご答弁に苦慮されていました。
その時に未承認となった議題を引きずる形での今日の臨時理事会だったのです。

個人的に言わせていただけるなら、フルタイムで牧師をしながら本来の専門外のことについて責任を負わされるのはなかなかしんどいです。
代議員の皆さんには、最初から事情に明るい適任者を理事として選んでほしいと思います。
牧師が数人入るくらいならいいのですが、ほぼ全員牧師というのはかなり危険です。
問題意識を持ち、事業や組織の在り方に明るく、労苦をいとわない牧師以外の信徒の方々がぜひその責任を担っていただきたいと思います。
信仰やいわゆる「霊性」も大切ですが、それで組織運営するわけではないですから。


コメント(0)
トラックバック(0)