ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々雑感を書いていきます。無精者なので更新は気の向いた時・・・・ということであしからず!
気候変動、寒波、世の終わり(2)
2021/02/27 19:08:05 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 聖書
*追記しました(2/28)

私たちの教会では、昨年の4月から水曜日の聖書の学びと祈り会で終末論について学びを続けていますが、終末についての聖書の記述で際立つのは、天変地異についての非常に多くの聖句です。

「それから、太陽と月と星に徴が現れる。地上では海がどよめき荒れ狂うので、諸国の民は、なすすべを知らず、不安に陥る。人々は、この世界に何が起こるのかとおびえ、恐ろしさのあまり気を失うだろう。天体が揺り動かされるからである。 」(ルカによる福音書21章25-26節)

「主の日は盗人のようにやって来ます。その日、天は激しい音をたてながら消えうせ、自然界の諸要素は熱に熔け尽くし、地とそこで造り出されたものは暴かれてしまいます。」(ペテロの第二の手紙3章10節)

「また、見ていると、小羊が第六の封印を開いた。そのとき、大地震が起きて、太陽は毛の粗い布地のように暗くなり、月は全体が血のようになって、天の星は地上に落ちた。まるで、いちじくの青い実が、大風に揺さぶられて振り落とされるようだった。天は巻物が巻き取られるように消え去り、山も島も、みなその場所から移された。」(ヨハネの黙示録6章12-14節)

さらに自然界の異変(「神の怒り」の一部と解される)により、人間を含め生物の多くの命が失われることも預言されています。

「第一の天使がラッパを吹いた。すると、血の混じった雹と火とが生じ、地上に投げ入れられた。地上の三分の一が焼け、木々の三分の一が焼け、すべての青草も焼けてしまった。第二の天使がラッパを吹いた。すると、火で燃えている大きな山のようなものが、海に投げ入れられた。海の三分の一が血に変わり、また、被造物で海に住む生き物の三分の一は死に、船という船の三分の一が壊された。」(ヨハネの黙示録8章7-9節)

「第二の天使が、その鉢の中身を海に注ぐと、海は死人の血のようになって、その中の生き物はすべて死んでしまった。・・第四の天使が、その鉢の中身を太陽に注ぐと、太陽は人間を火で焼くことを許された。」(同16章3, 8節)

かつては、将来「世の終わり」をもたらす主要因になるのは、核戦争や第三次世界大戦のような直接的殺戮行為であろうと言われていましたが、私は上記のような記述から、気候変動がもたらす影響の方がむしろ強いのではと推測しています。
もしそうであるなら、一部の愚かな人たちの行為に責任があるのではなく、人類全体、特に先進国にいてその原因を生み出す側にいる私たち一人一人の責任だと思うのです。
神を恐れない愚かな人間の利己主義によってこの問題は今後ますます加速し、気づいたときには手遅れの状態になっているのではと、かなり悲観的に考えたりします。
「地球温暖化など存在しない」と強弁し、取るべき対策を取らず、最も被害を受けやすい途上国の人々を食い物にしている先進国の政治家や利権にまみれた実業家たちはもちろんですが、それらの人たちの下で甘い汁を吸っている私たち一人一人もある意味同罪です。

お前たち、わたしの群れよ。主なる神はこう言われる。わたしは羊と羊、雄羊と雄山羊との間を裁く。お前たちは良い牧草地で養われていながら、牧草の残りを足で踏み荒らし、自分たちは澄んだ水を飲みながら、残りを足でかき回すことは、小さいことだろうか。わたしの群れは、お前たちが足で踏み荒らした草を食べ、足でかき回した水を飲んでいる。(エゼキエル書34章17-19節)

「自分たちは神を信じているから艱難を免れることができる」「裏で操っている闇の勢力の嘘に騙されてはいけない」として、あたかも責任は別のところにあり、自分たちは選ばれた民であるから大丈夫だとあぐらをかいているキリスト者はどうでしょうか。
裁きの時にそのような浅はかな言動について申し開きをしなければならないでしょう。

もちろん、聖書は世の終わりの出来事として政治的・宗教的なこと、反キリストの登場など、いろいろな要素があることを伝えているわけですが、ちょうどノアの洪水やバビロン捕囚がそうであったように、人間の罪深さ、自己中心性が極まった結果、もたらされるのだろうと思います。

神が造られた美しい環境を正しく管理することを人は命じられたのに(創世記2章15節)、明らかにその命令に逆らうことをし続け、今や私たちはその「当然の報い」を受けつつあるように感じます。
私たちの豊かで便利なライフスタイルが、自らの首を絞めることになるばかりか、貧しい途上国に対して気候変動という大きなしわ寄せをもたらしている事実を認識する必要はないでしょうか。
そして神を恐れ、神の前にへりくだると同時に、たとえ小さなことでも私たちが自分たちの生活の中でできることは何か考えていくべきだと思います。


コメント(0)
トラックバック(0)

気候変動、寒波、世の終わり(1)
2021/02/27 19:07:20 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 聖書
私は本職である牧師とは別に、環境関係のNGOに携わっていますので、環境問題のトピックにはとても関心を持っています。
特に気候変動に関するニュースはできるだけ目を通すようにしています。

ところで、昨年末から今年にかけての冬は多くの日本人にとってとても寒いと感じられたのではないでしょうか。
日本だけではありません。
アメリカのテキサス州では零下18度という異常寒波が襲い、停電と断水によって数十名の死者が出るほど被害が拡大しました。
テキサス州に住む私の友人が、室内の天上から垂れ下がったつららの写真をフェイスブックに投稿して、私もここまで酷いのかと驚きました。

このような厳しい寒波を実際に体感すると、多くの人たちが「地球温暖化は嘘なんじゃないか」と懐疑的になるのはとても理解できます。
なんとなく言葉のニュアンスから「地球温暖化=一年を通じて(夏も冬も)平均気温が高くなる」と考えてしまうからです。

ある人が、「最近『地球温暖化』ではなく『気候変動』という言葉が多く使われるようになったのは、実際には寒冷化が起こるなどして温暖化の嘘が隠せなくなり、ごまかすためだ」と言って、地球温暖化はでっちあげであると主張していました。
また、2019年にやはりアメリカ中西部が大寒波に襲われたときには、地球温暖化に懐疑的な当時のトランプ大統領が「地球温暖化はどうなっているんだ。戻って来てくれ。お前が必要なんだ。」という嘲笑的なツイートをしています。

実際、地球温暖化は嘘なんでしょうか。
あるいは、本当は大した問題ではなく、(利権の絡んだ)一部の人たちが大げさにわめいているだけなのでしょうか。

このこと関して、私たちはただ漫然と「地球温暖化は地球の気温が全体的に上昇する現象である」と考えるのではなく、そもそも地球温暖化、あるいは気候変動とは何かを、科学的に理解する必要があります。

2012年の日経新聞の記事「地球温暖化のせいで寒冷化」の中に、地球温暖化がこのように定義されています。

地球温暖化とは「地球全体の平均気温が均等に数度上がる」ことではなく、「平均気温の上昇で従来の気候システムが変化し、予期せぬ異常気象が増える可能性が大きくなる」現象だ。

この定義によれば、地球温暖化とは、単純な平均気温の上昇ではなく、平均気温の上昇が引き起こす様々な異常気象の増加(つまり気候変動)ということになります。
なので、地球温暖化(Global Warming)=気候変動(Climate Change)と定義してもいいし、「地球温暖化は原因で、気候変動はその結果だ」と言っても差し支えないと思います。
決して、「地球温暖化と言うと嘘がばれるから、気候変動という言葉を使おう」と言い直しているわけではありません。

また、この記事の中で解説されているように、多くの国で局地的にみられる冬の寒波も、実は地球温暖化が原因であり、気候変動の一部であると見なす学者は多いのです。(*気候のメカニズムは非常に複雑で原因は必ずしも一つではありません。詳しくは記事をご参照のこと)
良い譬えかどうかわかりませんが、長距離を走るランナーは、夏に走る場合は体がほてって体温が上昇しますが、寒い冬に走ると、逆に肌から熱が奪われて体温が下がり低体温症になる場合があります。
走れば常に体温が上昇するわけではないのです。

ネパールにいた時、このような話を聞きました。
気候変動について調査しているグループが、ヒマラヤ山脈のふもと3000メートルを超える高地に住んでいる少数民族から聞き取ったところによると、多くの高齢者が山に起こっている異変を感じ取り不安を覚えているとのこと。
小さい頃に比べて明らかに氷河が後退し、雪の降り方や湖の氷の張り方のパターンが変わってきているということ。
注目すべきポイントは、彼らは教育の立ち遅れた村に住んでいて、地球温暖化という言葉も現象も全く教わったことのない人たちです。
「ヒマラヤで急増する氷河湖、悪夢をもたらす」などのレポートにもあるように、ヒマラヤ山脈は温暖化の影響を最も大きく受けている地域の一つです。
そこに住んでいる人たちは、たとえそのことについて教わっていなくてもその脅威をリアルに感じているのです。
以前のブログにも書いたように、地球温暖化、気候変動は科学的にほぼ疑う余地のない事実として、人類全体の脅威となっているのです。(続く)


コメント(0)
トラックバック(0)

【内村鑑三と再臨運動】
2021/02/19 08:20:59 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 キリスト教
今日はブックレビュー的内容です。



過去の終末論ブームについて学ぶために「内村鑑三と再臨運動」(黒川知文著 新教出版社)を購入して読みました。 
なかなかに読み応えがありました。

前半は内村の伝記のような内容で、彼がキリスト信仰に至った経緯、アメリカ留学時の様々なエピソード、どのように自身の思想神学を発展確立していったかなどを、一次資料をふんだんに引用しながら、分かりやすくまとめられています。
内村鑑三は日本のキリスト者であれば是非学ぶべき信仰者の一人ですが、意外に彼の思想信条について直接学んだことのある人は少ないのではないでしょうか。
彼の膨大な著作集を読破するのは簡単ではありませんが、この本を読めば手っ取り早くその概要を知ることができるので、入門編としてお薦めです。

しかし、今回紹介したいのはそこではありません。
内村がホーリネス運動の中心人物だった中田重治らと共に、今からちょうど100年ほど前の大正時代、精力的に展開した再臨運動があったのですが、この本の後半にはその内容がまとめられています。
キリストの再臨に対する内村らの熱い思いや、その運動が全国展開される中で多くの聴衆を集めたこと、しかし途中から自由主義神学を掲げる牧師らの反対に遭い、最終的には2年余りで衰退していった様子など、その歴史的経緯が分かります。
私が特に注目したのは、黒川氏がこの運動の背景として指摘している次の一節です。

2014年6月に始まった第一次世界大戦は予想を遥かに超えて拡大した。この犠牲者900万人以上を出した悲惨な戦争が、再臨運動の時代背景にあった。日本国内では、戦争インフレのために米価が異常に高騰し、8月3日には富山に米騒動が起きるという経済的危機状況にあった。スペイン風邪も多大な犠牲者を出した。一般的に歴史上、危機的状況に陥った時、キリスト教文化圏において、「艱難時に再臨があって千年王国が実現する」という前千年王国論が生起する傾向にある。この終末論は日本においてだけではなく、欧米においても進展した。戦争が継続する間は、確かに再臨運動は継続した。(引用終わり)

要するに、100年前に盛り上がった再臨運動の背景として、世界戦争、経済危機、疫病の拡大があったこと、そして歴史上このように再臨運動(特に千年王国前再臨説)が盛り上がるときには、一般的に似たようなことが時代背景として観察されるというのです。
これは私も全く同意します。
昨今見られる終末論の高まりの背景として、世界的なパンデミックや不安定な社会情勢が影響しているのは否定できないでしょう。

問題は、今その渦の中にいていまだかつてない強い期待感や危機感を感じ、「早く福音を伝えなければ手遅れになる」と焦りにも似た心境を持っておられる方の多くが「これほど終末を強く感じられる時代は歴史上なかったに違いない。私達は特別な時代に生きている。」と思い込んでいるように思えることです。
思い込むだけならいいのですが、これを根拠に半ば強引な伝道スタイルで未信者に信仰を押し付けようとしてはいないか、と憂慮しています。
「私たちの時代は特別」という感情は、陰謀論者が陥りやすい「私だけが真実を知っている」という一種の優越感をくすぐる感覚と非常に親和性があって、それゆえに現代の陰謀論が終末的色彩を帯びていると言えるのではないでしょうか。

上記の指摘にあるように、歴史を振り返れば「今が終末だ」と強く感じられたのはこれまでに幾度もあったのです。
そもそも2000年前の初代教会の信徒たちの方が、私達よりはるかに強い再臨信仰を持っていたのではないでしょうか。
これは今日のテーマからずれますが、聖書的に言えば、イエス様の初臨以来、ずうっと終末なのです。
ですから、状況が逼迫してるからということで追い立てられるように宣教に向かうのではなく、地にしっかり足をつけながら、落ち着いて信仰生活を歩む中で、イエス様の愛に根ざし喜びを持って宣教に励んでいくものでありたいと思います。

ところで、私自身は再臨信仰はとても大切だと思ってますし、もっとこのことについて講壇から語らなければと思っています。


コメント(2)
トラックバック(0)

惑わされない
2021/02/15 17:33:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 聖書
終末論を学ぶにあたって、もっとも注意すべきことは何でしょうか。 
私は、「惑わされないこと」だと思っています。

前回のブログで少し触れましたが、イエス様が、エルサレムの神殿を前に、いずれこの壮麗な建物が崩壊するという予告を弟子たちにされたとき、弟子たちは驚いてイエスさまに尋ねました。(そこから始まるイエス様が語られた一連のメッセージを、語られた場所を取って「オリーブ山の説教」と呼びます。) 

「お話しください。いつ、そのようなことが起こるのですか。あなたが来られ、世が終わる時のしるしはどんなものですか。」(マタイ24:3)
「お話しください。いつ、そのようなことが起こるのですか。また、それらがすべて終わりに近づく時のしるしは、どのようなものですか。(マルコ13:4)
「先生、それではいつ、そのようなことが起こるのですか。それが起こる時のしるしは、どのようなものですか。」(ルカ21:7)

共観福音書と呼ばれるマタイ、マルコ、ルカそれぞれの福音書にこの会話が記されていますが、質問のニュアンスが微妙に違います。
複雑な議論は避けますが、マタイとマルコは特に神殿の崩壊は世の終わりを予兆するものと理解していたことがわかります。
いずれにしろ、弟子たちの関心事は、「いつ神殿が壊れるのか」「いつ主が来られるのか」「いつ世の終わりが来るのか」など、未来に起きる出来事が「いつ」なのかということと、それらが起きる時に「どんなしるし」があるのかの二つに集中していたことがわかります。

これはとても興味深いです。
なぜなら、弟子たちが尋ねたこの「いつか?」と「どんなしるしか?」への関心は、まさに現代の「終末論ファン」が知りたいと思っていることそのものです。
「1999年7月、世界が滅びる」という予言で一時世間を騒がせたノストラダムスの大予言がもっとも有名ですが、「2012年12月に人類滅亡」という迷信を拡散させハリウッド映画の題材にもなったマヤ予言など、21世紀に入っても続々新説が登場しています。

キリスト教界も無縁ではありません。(異端の話ではなく、正統とされる教派・教団の中での話です。)
私のよく知っている牧師が、大胆にも2010年9月9日に携挙(信者が空中に引き上げられる)が起きると予言をしたことがありました。
私はすぐさま個人的にもブログ上でも反論をしました。(実際携挙は起きませんでした)
その後も、似たようなお騒がせ都市伝説が、近いところ遠いところで聞かれました。
宣教師としてネパールに派遣されていた時も、某キリスト教グループが「〇月〇日に主が再臨される!」と書かれた巨大看板を町中に掲げていて、それに不安に感じているクリスチャンが多かったので、そのことを説教で取り上げて、「それはデマですよ」と語ったこともありました。
当然のごとく、それらの予言はすべて外れました。
今後も何らかの日にちを特定する予言まがいの言説は、100%外れると断言します。

私が注目したいのは、弟子たちの質問に対するイエス様の答えは何だったかということです。
イエス様は開口一番言われました。
「人に惑わされないように気をつけなさい。」(マタイ24:4)
人の心を見透かしたような答えです。
「いつなのか?」という弟子たちが最も聞きたかった質問に答える前に、真っ先に「惑わされるな」という注意喚起をなさったのです。
その直後に書かれているように、これはイエスの名を語るものが大勢現れることへの注意喚起だったわけですが、終末に関する驚くほど多種多様な論や説についても、「惑わされるな」とイエス様が私たちに語られているのではないでしょうか。

結局、先にさんざん書いた米大統領選がらみの陰謀論と同様、ファクトチェックが大切です。
前のブログで地震に関することを書きましたが、こういったものは根気強く調べたら事実関係の確認は誰でもできます。
有名牧師が言っていることだから、と安易に飛び込まず、センセーショナルな解釈であればあるほど一歩引いて冷静に考える必要があります。

「でも、イエス様は一方で『目を覚ましなさい』とも言われましたよね?」
「終末が近いという意識を持つことは宣教にプラスになるのでは?」
そのような反論があるかもしれません。
これはとても大切なポイントですね。
そのうちこのテーマも取り上げてみます。


コメント(0)
トラックバック(0)

気長にのんびりと
2021/02/15 17:08:31 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 一般
先日このブログが敬愛する水谷潔先生に「発見されて」以来、たびたび先生のフェイスブックページに紹介をされるという目に遭い(笑)、恐縮しつつも、もしかしてめちゃくちゃ期待値が上がっていないだろうかと、内なるプレッシャーも感じていたりしなくもない今日この頃です。

本当に有難いことですが、私としてはあくまで自分のペースを考えながら、書きたいテーマが出て来たときに自由に書くというスタンスはキープしたいと思っています。
なので、そのうちパタッと筆が止まる可能性が68%くらいはあるかも。

こんな拙ブログを読んでくださっている方には感謝のしようもありませんが、くれぐれものんびりとコーヒーでも飲みながら、長い目で気楽にお付き合いいただけると幸いです。

と言いつつ、次のネタ準備中です(笑)


コメント(1)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]