ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々雑感を書いていきます。無精者なので更新は気の向いた時・・・・ということであしからず!
アメリカ大統領選挙雑感(8)
2020/12/15 12:26:52 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 政治
選挙人による投票が14日に行われ、予定通りバイデンさんの大統領当選が確実となりました。
就任式までまだ時間はありますが、トランプさんがこの結果をくつがえすために取れる手段は、もはや軍事行動を辞さない戒厳令を発動する以外ない*ものと思われますが、いくら破天荒なトランプさんでも、さすがにそのようなことはしないと信じています。(*追記:他にも手段は幾つかあるようです(12/17))
確たる証拠のない「不正」を理由に、結果が気に食わないからと大統領の権限を振りかざして暴挙に出るとするならば、いよいよアメリカの民主主義はヤバいと思います。

この選挙人投票の結果が出たことに関連した様々な情報を見てみると、日本人のトランプ支持者の側に「これはフェイクニュースだ」「結果はまだ決まってないだろ」「マスゴミはいい加減にしろ」と叫んでいる人たちがかなりいます。
情報の出所が左寄りのメディアというだけですぐに攻撃する姿勢は何とかしてほしいと思います。
疑うのはもちろん自由ですが、投稿する前に元ネタにあたる程度はしてほしいです。

もう一つ、ミシガン州で共和党支持者らが投票会場の外で「私たちは選挙人よ。中に入れなさい。」と警備を担当している警察官に訴え、押し問答をしているビデオが拡散されていました。(こちら
これについても、ビデオの視聴者から「ここでもまた不正が行われているのか。」「どこまで民主党は腐っているんだ」みたいな批判がなされていましたが、そもそもミシガン州は民主党が取ったわけですから、選挙人16人は民主党側の人が正式に選ばれているわけです。
正式に選ばれた以外の人が自分たちこそ選挙人だと言ってきたところで、警備担当が「ああそうですか、では中へどうぞ」ってなるわけないのは子どもでも分かることなのに、大真面目に批判しているんですよね。

不正という名で拡散されている画像や動画のほぼすべてが、このように屁理屈や難癖をつけて相手を貶めるようなものばかりと言っていいと思います。
各社がファクトチェックを行って、訴えられている不正について一つ一つ結論を出しています。
例えば、ここ
もっとも、陰謀論を支持する人たちはこれらのファクトチェック自体をフェイクとみなすので、議論は平行線にしかならないのですが。

情報を読み解く力「メディアリテラシー」が本当に大切です。
怪しい情報が出たら、すぐにうのみにしない、他にも類似の情報がないか調べる、元ネタがどこから出ているのか調べる、真逆の情報がないか調べる、などひと手間かけることでメディアリテラシーは向上します。

実は聖書研究でも全く同じことが言えます。
私たちの教会で今終末論を学んでいますが、この分野は怪しい言説の見本市のようなものです。
驚くほど多種多様の怪解釈が飛び回っています。
何が正しく、何が正しくないのかの見極めは、ひとえにできるだけ多くの文献にあたることです。
自分がこうだと信じている説だけを集めるのではなく、真逆の考え方をしている説を読むことで確実に理解は深まります。
その上で自分の考え方をしっかりと持つことですね。
もっとも、私たちは「信仰」をもって聖書と向き合いますから、その背後にある神の御心や計画を抜きにすることはできません。
適切な解釈ができるようにへりくだって祈りつつ、聖霊の導きに委ねる姿勢を大切にしたいと思います。


コメント(0)
トラックバック(0)

▼このメッセージへのトラックバック一覧

トラックバックはありません。

▼画像認証
下記に表示されている数字を半角で入力して「トラックバックURLを表示」を押して下さい。