ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々雑感を書いていきます。無精者なので更新は気の向いた時・・・・ということであしからず!
クリスマスを迎える中で
2020/12/22 11:30:13 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 教会
今年のクリスマスは本当にくるしみます・・(定番ギャグ)
どこまで新型コロナの対策をすればいいのか、ということなんです。

先日20日に無事にクリスマス合同礼拝と祝会を執り行うことができました。
教会堂は狭すぎるので、礼拝と祝会の両方とも、お向かいの自治会館をお借りして十分に間隔を開け、換気を行って実施しました。
小さな教会にとってこのようなホールがすぐ近くにあることのメリットは計り知れません。
本当に有難いことこの上ないです。
結果としては予想していたくらいの人数である50人くらいが集まり、弁当の数も足りて、ばっちりだったと思います。
始めて来られた方、久しぶりの方もおられました。
導いてくださった神様に心から感謝します。
ご奉仕してくださった方々のご労にも感謝です。

次は24日のキャンドルサービスとキャロリングです。
キャンドルサービスは、YouTube Liveで生中継と録画配信のハイブリッドで行うことになりました。
聖歌隊は教会堂に全員集合し、聖句朗読や詩朗読は事前に撮った録画を流す、という風に。
今日と明日で編集作業を一気に行います。
キャンドルサービス独特の厳かな礼拝の雰囲気が、YouTube配信でも味わえることを期待しています。
(ただし、礼拝のような公開設定はせず、限定公開と致しますのであしからず。)

キャロリングについては、小禄地域で最も大きな商業施設から、先ほどようやくキャロリングをやってもいいという許可が得られました。
道行く人が少しでも足を止めて聖夜の讃美歌に耳を傾けてほしいと思います。

そんなこんなでコロナ禍に翻弄された一年が過ぎようとしています。
信仰が試され、教会運営の柔軟性、適応性が求められた一年であったかと思います。
5月の総会で選出された新しい役員の皆さんがそろって普段からSNSをよく利用されている方々なので、様々な緊急事態にもオンラインですぐに意見交換ができ、迅速に対応できたことは神さまの大きな恵みに他なりません。
時宜を得た助けを神様は与えてくださいます。
まだまだコロナの影響は続くと思いますが、新しい年も神様の守りを得て、神様の祝福のうちに宣教・牧会に勤しんでいけたらと思います。


コメント(0)
トラックバック(0)