ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々雑感を書いていきます。無精者なので更新は気の向いた時・・・・ということであしからず!
気候変動、寒波、世の終わり(1)
2021/02/27 19:07:20 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 聖書
私は本職である牧師とは別に、環境関係のNGOに携わっていますので、環境問題のトピックにはとても関心を持っています。
特に気候変動に関するニュースはできるだけ目を通すようにしています。

ところで、昨年末から今年にかけての冬は多くの日本人にとってとても寒いと感じられたのではないでしょうか。
日本だけではありません。
アメリカのテキサス州では零下18度という異常寒波が襲い、停電と断水によって数十名の死者が出るほど被害が拡大しました。
テキサス州に住む私の友人が、室内の天上から垂れ下がったつららの写真をフェイスブックに投稿して、私もここまで酷いのかと驚きました。

このような厳しい寒波を実際に体感すると、多くの人たちが「地球温暖化は嘘なんじゃないか」と懐疑的になるのはとても理解できます。
なんとなく言葉のニュアンスから「地球温暖化=一年を通じて(夏も冬も)平均気温が高くなる」と考えてしまうからです。

ある人が、「最近『地球温暖化』ではなく『気候変動』という言葉が多く使われるようになったのは、実際には寒冷化が起こるなどして温暖化の嘘が隠せなくなり、ごまかすためだ」と言って、地球温暖化はでっちあげであると主張していました。
また、2019年にやはりアメリカ中西部が大寒波に襲われたときには、地球温暖化に懐疑的な当時のトランプ大統領が「地球温暖化はどうなっているんだ。戻って来てくれ。お前が必要なんだ。」という嘲笑的なツイートをしています。

実際、地球温暖化は嘘なんでしょうか。
あるいは、本当は大した問題ではなく、(利権の絡んだ)一部の人たちが大げさにわめいているだけなのでしょうか。

このこと関して、私たちはただ漫然と「地球温暖化は地球の気温が全体的に上昇する現象である」と考えるのではなく、そもそも地球温暖化、あるいは気候変動とは何かを、科学的に理解する必要があります。

2012年の日経新聞の記事「地球温暖化のせいで寒冷化」の中に、地球温暖化がこのように定義されています。

地球温暖化とは「地球全体の平均気温が均等に数度上がる」ことではなく、「平均気温の上昇で従来の気候システムが変化し、予期せぬ異常気象が増える可能性が大きくなる」現象だ。

この定義によれば、地球温暖化とは、単純な平均気温の上昇ではなく、平均気温の上昇が引き起こす様々な異常気象の増加(つまり気候変動)ということになります。
なので、地球温暖化(Global Warming)=気候変動(Climate Change)と定義してもいいし、「地球温暖化は原因で、気候変動はその結果だ」と言っても差し支えないと思います。
決して、「地球温暖化と言うと嘘がばれるから、気候変動という言葉を使おう」と言い直しているわけではありません。

また、この記事の中で解説されているように、多くの国で局地的にみられる冬の寒波も、実は地球温暖化が原因であり、気候変動の一部であると見なす学者は多いのです。(*気候のメカニズムは非常に複雑で原因は必ずしも一つではありません。詳しくは記事をご参照のこと)
良い譬えかどうかわかりませんが、長距離を走るランナーは、夏に走る場合は体がほてって体温が上昇しますが、寒い冬に走ると、逆に肌から熱が奪われて体温が下がり低体温症になる場合があります。
走れば常に体温が上昇するわけではないのです。

ネパールにいた時、このような話を聞きました。
気候変動について調査しているグループが、ヒマラヤ山脈のふもと3000メートルを超える高地に住んでいる少数民族から聞き取ったところによると、多くの高齢者が山に起こっている異変を感じ取り不安を覚えているとのこと。
小さい頃に比べて明らかに氷河が後退し、雪の降り方や湖の氷の張り方のパターンが変わってきているということ。
注目すべきポイントは、彼らは教育の立ち遅れた村に住んでいて、地球温暖化という言葉も現象も全く教わったことのない人たちです。
「ヒマラヤで急増する氷河湖、悪夢をもたらす」などのレポートにもあるように、ヒマラヤ山脈は温暖化の影響を最も大きく受けている地域の一つです。
そこに住んでいる人たちは、たとえそのことについて教わっていなくてもその脅威をリアルに感じているのです。
以前のブログにも書いたように、地球温暖化、気候変動は科学的にほぼ疑う余地のない事実として、人類全体の脅威となっているのです。(続く)


コメント(0)
トラックバック(0)

▼このメッセージへのコメント一覧

コメントはありません。

▼このメッセージへコメントを書き込む
名前(25文字まで)
URL
コメント
画像認証 下記に表示されている数字を半角で入力してください。