ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々雑感を書いていきます。無精者なので更新は気の向いた時・・・・ということであしからず!
終末と神の裁き(1)
2021/03/08 13:19:25 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 聖書
5歳の子を実の母親とその「ママ友」が餓死させるという、大変痛ましい事件がありました。
現在捜査が行われている途中で、具体的な事実関係はこれから明らかになってくると思いますが、これまでに報道されていることが事実であるならば、ママ友に対する憤りを禁じ得ません。
母親自身も親としての責任は免れませんが、信頼していたママ友にことごとく騙されていたことを知った彼女の衝撃の大きさは想像に難くありません。

これまでの報道では、彼女は罪を認めているが、ママ友は否認しているとのこと。
ますます私の中に抑えがたい怒りを感じます。(牧師という身でありますが、ここは素直に表現させてください)
恐らく多くの人たちが私と同じ気持ちだと思います。
亡くなった男の子が本当に不憫でかわいそう。
とても許し難い事件。
ママ友には厳罰が下ってほしい。

もし、ここで正当な「裁き」が行われないとしたらどうでしょうか。
これだけの非道な罪を犯した人が法によって裁かれず、当然受けるべき罰を受けなかったとしたら、誰が納得できるでしょうか。
「これではとても被害者は報われない」と感じますよね。
正しい裁きが存在するということは、正しく社会が機能するために必要不可欠な前提条件です。

私たちの教会でヨハネの黙示録を学びながら、この書が書かれた紀元1世紀末、ローマの支配下にあった教会に思いを馳せます。
ローマ皇帝やその偶像を拝むことを拒否し、イエス・キリストに対する信仰を表明しただけで投獄され、ある者は見せ物としてライオンなど猛獣の餌食にされ、ある者はたいまつ代わりに生きたまま火をつけられる阿鼻叫喚の地獄絵図。
当時のクリスチャンにとって、皇帝礼拝を拒否しイエスを証しすることはまさしく死を意味しました。
彼らを迫害する者、殉教に追いやる者を裁く仕組みなど、その国家には存在しなかったのです。

そのような時代を生き、信仰の仲間たちの無念の死を見届けたクリスチャンが、悪しき勢力に対する神の正当な裁きを求めたことを非難できる人がいるでしょうか。
「聖なるまことの主よ。いつまで裁きを行わず、地に住む者たちに私たちの血の復讐をなさらないのですか。」(黙示録6:10)という殉教者の魂の叫びに私も深く共感します。

黙示録は、反キリストや偶像への礼拝を強要する力に対し、苦難を生き、子羊なるイエスに従い続ける信仰者の勝利を描いています。
神が必ず裁いてくださるという単純な約束の事実が、当時のキリスト者にとって、どれほど大きな慰めと励ましになったことでしょうか。
18章から19章にかけての大バビロンの滅び、サタンである竜、反キリストである獣に従った者たちが受ける裁きの描写はあまりにおどろおどろしく、思わず「ここまでやらなくてもいいんじゃないの?」と目をそむけたくなるほどですが、むしろ世の終わりには神の厳粛な裁きがあるという事実に心を留めるべきだと思います。

教会での黙示録の学びで、この辺りを学んだ時なんとなく重たい雰囲気がありましたが、表現のグロさだけでなく、書かれた背景を知ることで、神の約束の確かさと公平さを学ぶことができたのではないかと思います。
神がとことんまで私たちを愛してくださっているばかりか、すべての世の不条理を最終的にご自身の義で公正に裁いてくださることに、今の混とんとした時代を生きている私たちもまた希望を持つことができるのではないでしょうか。
私は終末論において過去主義的アプローチは取りませんが、特に黙示録などは、その書かれた背景を読み解くことは必要なことだと強く感じます。


コメント(0)
トラックバック(0)