ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々雑感を書いていきます。無精者なので更新は気の向いた時・・・・ということであしからず!
10人の娘とは?(3)
2021/05/14 19:09:58 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 聖書
10人の娘の譬えには、イエス様ご自身が語られた明確なメッセージと意図があることを申し上げました。
では、イエス様が語りたかったのはそれ「だけ」なのでしょうか?

私を含めて教会で説教をする人は、メッセージを深化させ、聞き手に理解させようとするあまり、ついつい本来の意図ではないことまでも、物語の中に読み取ろうとする傾向があります。
特に個人的な主観やイデオロギーがフィルターになり、オリジナルストーリーのメッセージからかけ離れた解釈になってしまう場合があるので、慎重さが必要です。
へりくだって聖霊の導きを求めると同時に、間違う可能性が十分にあることを常に意識したいものです。
なので、10人の娘のたとえ話にしても、まずは「いつイエス様が来られてもいいように準備すべし」とのイエス様の明確なメッセージを押さえつつ、くれぐれも行き過ぎた解釈にならないように注意したいものです。

そう考えたときに、福音派界隈で聞かれる次の解釈ってどうなん?って思うのです。

1.油は聖霊を象徴
解説:5人の賢い娘は予備の油を持っていたが、残りの5人の娘は持っていなかった。聖書では油は聖霊を象徴する。ゆえに、油を持っていた5人とは聖霊を持ってる人(あるいは聖霊に満たされている人)であり、残りの5人は持っていない人である。聖霊を受けている人は宴会の席に加われるが(救われるが)、そうでない人は救われることはない。

全員をクリスチャンとするか、あるいは油を持っている人だけをクリスチャンとするか若干のバリエーションはありますが、この比喩的解釈めっちゃ多くないですか?
皮肉なことに、「字義的解釈」にこだわりを持つ方々の中に、油=聖霊という比喩を持ち込む人が多いように見受けられます。
もちろんこの可能性がゼロというわけではないでしょう。
しかし、この物語を含むマタイ24章から25章までの終末についての教え(「オリーブ山の説教」と言われています)のどこにも聖霊の満たしとか、聖霊の内住とかいうテーマはありません。
聖書に油という単語が登場したら、それは必ず聖霊を意味すると考えるのは明らかに行きすぎです。
母親に「油切らしたから買ってきて」と頼まれたとしましょう。
その時「母はいつも聖霊の油注ぎが大切だって言ってたな。そうかこれはもっと聖霊を求めるように、母がわたしを諭しているのだ。」と「霊的解釈」をする人がいたら、目が点になりますよね(笑)。

確かにイエス様は他の個所で幾度も聖霊について語っています。
例えば、ヨハネ14〜16章には、イエス様が父なる神にお願いして弁護者(助け主)を遣わすと書かれていますが、これについては明確に聖霊のことであると説明しています。
(ちなみに私も5月いっぱいのメッセージは聖霊についてです。)
もし、10人の娘の譬えで使われている油が聖霊であれば、イエス様はきっとそうおっしゃったのではないかと思います。
第一テサロニケ5章19節「御霊を消してはいけません」との関連で語る方もおりますが、やっぱりこじつけ感が否めません。

イエス様がたとえ話で取り上げる題材は、常に当時の人々の生活に身近なものばかりでした。
畑とか、お金とか、植物とか・・。
婚宴というのも人々の生活に密着した注目度抜群のイベントなので、譬えとして用いるにはぴったりの題材です。
イエス様は分かりやすくお話しするために、そのイベントに関することを話題として取り上げたのであって、それ以上の深読みには注意が必要です。

なお、24章32節の「いちじくの木」をイスラエルの比喩とし、「枝が柔らかくなって葉が出る」のを1948年のイスラエル建国と取る人がいますが、これも同様の理由で同意できません。
聖書に「いちじく」と書かれていたらすべてイスラエルと解釈するのは乱暴です。

2.10人の娘は艱難期に救われた異邦人
解説:この譬え話の前提として、花婿はすでに花嫁(教会を象徴)を迎えている、すなわち教会は携挙されていて地上にはないという設定がある。またイエスの再臨前には全イスラエルが救われているはずなので、イエスの地上再臨(花婿のお出まし)の時に地上でイエスを迎えるのは異邦人以外ありえない。ゆえに、油を用意した5人の賢い娘は信仰をもって救われた異邦人で、残りの5人は信仰を持たない異邦人である。

油を聖霊の象徴と解釈するのは、突拍子もないこととまでは言えないでしょう。
しかし、話の舞台設定としてすでに花婿は花嫁を迎えていて(携挙は終わっている)、イスラエルは全員救われているから、花婿を出迎えるのは全員異邦人だ、という解釈は突飛過ぎないでしょうか。

実はこの解釈は日本では大変有名な伝道師で、ディスペンセーション主義(詳しくはいずれ書きたいと思います)に立って盛んにYouTube等で聖書解説をなさっている先生の解釈です。
私は何度も先生の講演会に参加し、直接質問をぶつけたこともあります。
分かりやすさと熱心さにおいては大変学ぶべきところがあり、私も何度も参考にさせていただきました。
一方で、聖書解釈がディスペンセーション主義、あるいは艱難前携挙説(これについてもいずれ書きます)を前提にしていることで、終末に関する聖句やたとえ話の解釈が、それに合わせようとしすぎるあまり、無理やり感が半端ない場合があります。
このたとえ話の解釈もその一つです。

一つ一つ説明していると長くなりますので、これだけを申し上げます。
オリーブ山の説教のどこにも携挙に関する言及はありません。
24章36〜42節は携挙のことだという声があるのは知っています。
しかし、私はそうではないという確信を持っています。
これもいずれどういうことか説明したいと思います。
いずれにしろ、あれほど終末について、そしてご自身の再臨について何度も語られたイエス様が、携挙については弟子たちに直接何も語らなかったことを考えれば、携挙が終末論の主要なテーマではないことは言わずもがなです。

携挙については唯一、第一テサロニケ4章16〜17節でパウロが言及しているだけです。
パウロ、ヨハネ、ペテロ、ヤコブはいずれも携挙には大きな関心を示していませんので、これを確定的な教理として固定化し、さらに全然関係のない聖書の文脈にそれを強引に見出そうとする試みは、御言葉の読み方、聴き方として正しいとは言えないのではないでしょうか。
御言葉はそんなに複雑ではないはずです。

たとえ話に話を戻します。この話をイエス様はユダヤ人である弟子たちに語っていて、彼らに「目を覚ましていなさい」とまで警告しています。
この話をイエス様から直接聞いた弟子たちが、「娘たち=艱難時代を通る異邦人」と理解したとはとても思えないです。
もし本当にそうだとしたら、弟子たちに対してこのメッセージの意味は何なのでしょうか。
違和感ありありです。
これはディスペンセーション主義という強力なフィルターを通さなければ絶対に出てこない結論ではないでしょうか。
ちなみに、その前にイスラエルは全部救われている、という前提も、これとは別に議論が必要ですね。

最後に・・・どうしても携挙をこの話の中に見出したいのであれば、むしろ花婿の到着(イエスの再臨)と娘たちの出迎え(携挙)があって、すぐに宴会の席が設けられている(天国)という読み方の方がより自然な理解とも言えます。
私たちは教理を物語に読み込むのではなく、物語から教理を導き出すように注意しなければなりません。

長くなってしまいました。私の理解が絶対正しいと申し上げるつもりは毛頭ありません。
おかしいと思った点があればご指摘いただければ幸いです。


コメント(0)
トラックバック(0)

▼このメッセージへのトラックバック一覧

トラックバックはありません。

▼画像認証
下記に表示されている数字を半角で入力して「トラックバックURLを表示」を押して下さい。