ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々雑感を書いていきます。無精者なので更新は気の向いた時・・・・ということであしからず!
オリーブ山の説教には携挙のことが書かれている?(3)
2021/06/08 19:35:53 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 聖書
3.「取られる人」と「残される人」は誰か

マタイ24章36〜42節が携挙のことであると主張する方々の最も大きな根拠は、恐らく40節と41節の言葉だと思います。

「そのとき、畑に二人いると、一人は取られ、一人は残されます。二人の女が臼をひいていると、一人は取られ、一人は残されます。」(マタイ24:40-41)
 
前携挙説では、取られる人は「携挙される人」(天に上げられイエスとお会いし地上の艱難期を免れる人)、残される人は「携挙されない人」(地上に残される人)だと説明します。
確かに、この部分は携挙の瞬間をリアルに表現している聖句のように思えます。
実際私も以前はそのように理解をしていました。
しかし、本当にイエス様はそのような意図で語られたのでしょうか。

イエス様はこのことについて語る直前に、ノアの洪水に言及し、その出来事を比較の対象としてお話ししました。

「人の子が来るのは、ちょうど、ノアの日のようだからです。洪水前の日々は、ノアが箱舟に入るその日まで、人々は、飲んだり、食べたり、めとったり、とついだりしていました。そして、洪水が来てすべての物をさらってしまうまで、彼らはわからなかったのです。人の子が来るのも、そのとおりです。」(マタイ24:37-39)

改めて内容を箇条書きにすると、
(1)ノアが箱舟に入るまで人々は日常生活を謳歌していた
(2)洪水が来てすべてをさらうまで、彼らはそのことに気づかなかった
(3)イエスが来られる時も同じことが起こる
という風になります。

イエス様がノアの洪水を比喩として挙げたのには理由があります。
もちろん、洪水直前まで人々が迫りくる破滅に気づかなかったように、イエスの到来の時にも多くの人が気づかないだろう、という意味もありますが、それだけではありません。
ノアの洪水は人々の罪に対する神の裁きでした。
つまり、「人の子が来る」という出来事は、ノアの洪水のように神の裁きをもたらすという性質のものである、ということです。
ところが、携挙はというと、信者が空中に引き上げられてイエスと出会い救われるとされる出来事です。
前携挙説では再臨は少なくとも携挙の7年後なので、携挙と裁きの日は違うはずです。

では、畑にいる人や臼をひいている女が、一人は取られ一人は残される、という言葉の意味は何なのか、ということが問題になります。
これは携挙される人とされない人のことではないかとよく言われます。
私はそうではないと思っています。

ここで改めてイエス様の言われた言葉をじっくりと読んでいただきたいのですが、イエス様は「ノアが箱舟に入るその日まで」と言われました。
なぜノアは箱舟に入ったのでしょうか。
取られるためでしょうか、残されるためでしょうか。
一方の箱舟に入らなかった人たちはどうだったでしょうか。
彼らは洪水で「さらわれて」しまったわけですが、それは残されたということでしょうか、取られたということでしょうか。
神は、ノア(とその家族)を箱舟の中で救い、他の人たちを洪水によって滅ぼされました。
となると、この出来事と、畑にいる人や臼をひいている女とを比較するとどういうことになるでしょうか。

そうです、取られるのは滅ぼされる人たち、すなわち裁かれる方の人たちであって、救われる人たちではないということになります。
残される人たちこそ、ノアが箱舟に残されて助かったように、救われる人たちだと理解するのが自然ではないでしょうか。

私たちは十分な考察をせず、この個所を携挙に関する聖句であるとなんとなく思わされてきたために、「取られる」ことと「残される」ことの意味を誤解してきたのではないでしょうか。
結論が完全に真逆なので、この解釈には反論したくなるものかもしれません。
しかし、ノアの洪水という破滅的な裁きとの比較であること、そしてその時に救われた者と滅ぼされた者とがどのようにしてそうなったのかを見てみるならば、そう理解するのが最も腑に落ちる理解です。
この聖句は携挙として理解すべきところではなく、イエスの再臨に際しての救われる者と裁かれる者とについての言及であると捉えるべきであると思います。

最後に、ギリシア語での扱いについても述べておきます。
「取られる」と訳されている言葉は英語ではtakeですが、ギリシア語ではパラランバノウという単語です。
この単語がヨハネ14章3節でも、イエスが信じる者たちを「取って」迎え入れるための住まいを天に用意している、という文章の中で使われています。
実は2〜3節は前携挙説を支持するとされる聖句です。
なので、マタイ24:40〜41の「取られる」はやはり携挙ではないかという議論があるわけです。

しかし、そもそもヨハネ14章2〜3節を携挙とする明確な根拠はありません。
これも普通に読めば、私たちには永遠の住まいが用意されているので、心を騒がせずイエスを信じるようにという勧めと理解することができます。
艱難前携挙説が言うように、この住まいとは7年間の艱難期の間、信者(教会)が天に上げられて祝宴に預かるための場所であると読み取るには、相当な国語力(というか、想像力)を働かせる必要があります。
そのような期間限定の住まい(仮住まい)を用意するためにイエス様は天に帰られると言われたとは考えにくいです。

以上、3つのポイントでシリーズで書いてきましたが、結論としてマタイ24章36〜42節に書かれているイエス様の言葉は、携挙についてではなく、再臨についての教えであると私は理解しています。

ご意見・ご感想お待ちしております。


コメント(0)
トラックバック(0)

▼このメッセージへのコメント一覧

コメントはありません。

▼このメッセージへコメントを書き込む
名前(25文字まで)
URL
コメント
画像認証 下記に表示されている数字を半角で入力してください。