八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
竹の車椅子
2010/12/21 21:42:13 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
uppic

再建中のJALが小気味よい発表をした。

JALの車椅子での年間利用者は85,000人いるそうだが、ボディーチェックの際は愛用の車椅子を降りて空港内の車椅子に乗り換えなくてはならない。それをしたとしても毎回、警報機が作動。。

再建中と言ったが、4年前からの構想だ。


私は年間、飛行機にかなりの回数を乗りますが、過去を振り返っても、遊び心があるのはJALのような気がする。

幾多の事故を経験し、緩やかながらも改革を続けているJALは再び最上級のフライトをするはずだ。

渦中の皆さんは大変でしょうが、頑張れ。

歴史は繰り返す。ANAさん、あぐらをかきはじめてないか?
トラックバック(0)

*サムハラ*
2010/12/21 17:19:48 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

ご存知の方もいるやも知れない。


「サムハラ」という言葉。


日清戦争や日露戦争でこの言葉を書き込んだ護符を持つと、弾除けになると縁起を担ぎこぞって懐に忍ばせたり、小刀に彫り込み戦地に赴いたとの言い伝えが残る。


歴史上の故事では、このブログでも御馴染みの加藤清正が朝鮮出兵の文禄・慶長の役の際、「サムハラ」を刀に彫りつけ、唱えていたことから武難を免れたとされている。


「サムハラ」


不思議な響きだ。

サムハラは漢字ではなく神字とされているので、その文字には「音(おと)」としてに目に見えない力が宿るとされている。現代の変換機能では辿り着けない文字でもある。出来れば自分で書いたものを身に着けておくのが良しとされている。下の画像を印刷しても良しだ。






















難除けとして、現代も根強い信仰があるパワーワードだ。


サムハラを祀る神社もある。


信じるか、信じないかは・・・あなた次第だ。(どっかで聞いたな)


































































































































トラックバック(0)