八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
板門店 DMZ(非武装地帯)
2006/11/17 22:22:17 書庫 全般
uppic

朝..昨夜の激辛&激旨チゲのお陰で、1時間ほど..トイレで苦しんだ後、板門店ツアーの出発となるロッテホテルへガイドさんに送ってもらい、北緯38度線DMZの板門店へ...

第二次世界大戦後...自由主義と共産主義による分断された国家で現代に唯一残っている「朝鮮半島」

戦争の世紀であった20世紀の歴史の1ページを、今のうちに見ておかなければならないと思い、このツアーに参加しました。

DMZの板門店は、ソウルから北にわずか80km程の場所にあります。今も停戦状態の軍事境界線のわずか80kmに韓国の首都が位置していることが凄いですよね。。。

板門店に向かうバスの車中で、日本語が堪能な女性のガイドさんが、北緯38度線で朝鮮半島が分断されるまでの歴史を説明して頂きました。

この説明の冒頭が、日本の朝鮮半島併合..大東亜戦争の終結から朝鮮戦争勃発までの話...我が国近隣諸国である朝鮮半島と台湾...現在の姿は、少なくとも我が国の敗戦によってもたらせられたものであり、現代に生きる日本人が無関心でいてはならないと強く感じました。

朝鮮戦争勃発から現在に至るまでの説明を熱心に聴いていると、バスはDMZ(非武装地帯)へと入って行きました。

まず、最初の検問所で、銃をもった韓国軍兵士が、バスの中へ入り、全員のパスポートを確認..さらに進むと、先程の検問所より厳重警備の検問所で、韓国軍憲兵隊が2名が乗り込んできて、再度..全員のパスポートの確認...

ここで、全員に訪問者(見学者)宣言書という紙を渡され、署名するように言われました。

この訪問者(見学者)宣言書というのは、DMZ立ち入りに際し

「DMZは、国連軍と北朝鮮軍による分割警備地域であり、立ち入りを許可した国連軍、韓国軍並びにアメリカ軍は、あなたの安全を保障できないし、責任を負う事は出来ない」

「訪問者は国連軍の威厳を保持するに適切な服装でなければならない」

等々...と書かれておりました。

そして..ガイドさんからは、「私が撮影してもいいという場所意外では、絶対に写真撮影を行うわないこと、北朝鮮側に向かい、手を振ったり、指を指さないこと、私の向いている方向以外の写真撮影は行わないこと...等々」の注意、この注意を破るものがひとりでもいた場合は、その時点でツアーは中止するとの事...

その他にも、いろんな注意がありましたが...覚え切れません。

そして、DMZの国連軍管理の施設に入り、再度板門店の歴史のレクチャーを受け、専用車両に銃を携帯したアメリカ陸軍兵士と共に乗り込み、国連軍のジープを先導車両にして、いよいよテレビでよく見る板門店へ...

まず、板門店を見渡せる展望台に上ると...居ました居ました!北朝鮮軍兵士が数名!

向こうもこちらを見ています。。。

そして、2列に並び、板門店の青い建物の中に入ると、中には韓国軍憲兵隊2名がおり、北朝鮮側に立っている憲兵隊の兵士は、テコンドーのファイティングポーズをとっておりました..何かあった場合、我々見学者を守る為、常に身構えているのだそうです。

その横で、(^^)vサインで記念撮影をする日本人観光客...(uu#)

板門店の中から北朝鮮側を見ていると、来ました来ました北朝鮮兵士10名程が、あの独特の行進をしながら、こちら側に来て、配置についておりました。

2枚目の画像は、板門店の中から撮影した北朝鮮の兵士です(中からは撮影OK)。北朝鮮兵士の足元に幅50cm程、高さ10cm程のコンクリートのラインが見えますね...これが38度線の停戦ラインです。

板門店の中では、このラインを跨ぐ事が出来ますので、北朝鮮に1〜2メートル程、越境したことになります...ちょっと感動。

窓の外の若い北朝鮮兵士のひとり...目つきは鋭いものの、私達日本人と同じ顔をしていて、その素朴な顔(えなり風)を見ていると、彼らが現在於かれている状況を考え...急に悲しくなりました。

続く...


uppic uppic

コメント(1)

JCI世界会議ソウル大会報告Part1
2006/11/17 19:19:32 書庫 全般
uppic
仁川国際空港から、渋滞の道路を抜け、メイン会場となっているソウル市内のCOEXモールへ...

コンベンション施設、レジャー施設、ショッピングモールを兼ね備え、総床面積が5万坪もある超近代的な造りの巨大な施設であるCOEXモールに圧倒されつつ、COEXモール内の日本JCの部屋で登録キットを受け取り、さらに渋滞の中...宿泊先である、明洞地区のホテルへ...

移動中、夕暮れ時のソウルの街中を、バスの車中からずっと見ていたのですが、とにかく...もの凄い勢いで、高層ビルの建設ラッシュ!それも東京の近代的な高層ビルに負ける劣らずのビルばっかりで、近未来都市の様相を呈しておりました。

それに、車の渋滞が凄い(*_*)
ソウルは、人口1,800万人の大都市なんですが、鉄道や地下鉄等の公共交通機関の整備や、首都高速などのインフラ整備が、まだまだなのかな...という気がしました。この渋滞による、経済的損失はもったいないと思います。

規制に守られていた韓国の基幹産業である自動車産業は、数年前に釜山を訪れた時は、ヒュンダイ自動車やキア自動車..大宇などの国産車がほとんどでしたが、今回訪れると、ベンツやBMW..アウディなどの欧州車が結構走っていました。
韓国の自動車産業が、海外へ進出し、国際競争力が付いてきたので、自動車産業の保護政策が緩くなったんでしょうね。

...といっても、高級車のみですが。
欧州車に混じって、トヨタのレクサスもよく見かけました(レクサスブランドのみ)
ガイドさんによると、輸入車?1人気は、レクサスなんだそうです。

バスの中で、明日の行動予定をガイドさんと打ち合わせを致しましたが、那覇JC安里理事長や、安里繁信顧問は、次年度の日本JCの役員なので、早朝会議からの参加で予定がビッシリという事..

...なので、私は独りで、北朝鮮との軍事境界線である38度線の非武装地帯(DMZ)にある、「JSA」に行くことにしました。

第二次世界大戦後の最後の分断国家の象徴でもあるJSA訪問...そして、あの北朝鮮の地を間近で見れる...先日、ブログで北朝鮮の件を書いたこと少し後悔しながら(^^;)早めに就寝いたしました。


その前に、沖縄からの参加者で明洞のレストランへ・・
ガイドさんに紹介してもらった、レストランの激辛チゲがとっても美味しかったです。
・・翌朝、大変な事になると分かっていながら・・(^^;)


次回は、ドキドキのJSA訪問について書きます。

uppic uppic

コメント(1)