八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
海の日...
2010/07/19 18:33:18 書庫 全般

昨日は、『海の日』でしたね。
石垣港の離島ターミナル周辺では、様々なイベントが開催されており、私も楽しんできました。

『海の日』とは、海からの恩恵に感謝し、海洋国日本の繁栄を願うことを趣旨に制定された国民の祝日です。

制定当初は、7月20日を『海の日』としていました。
7月20日が海の日とされたのは、明治天皇の東北地方巡幸の際、それまでの軍艦ではなく灯台巡視の汽船「明治丸」によって航海をし、7月20日に横浜港に帰着したことに因み、1941年(昭和16年)に逓信大臣村田省蔵の提唱により制定され7月20日を海の記念日としていたのが、1996年に国民の祝日として制定されたようです。(Wikipediaより)
その後、2003年のハッピーマンデー制度により、7月の第3日曜日が『海の日』になりました。

私が、(社)八重山青年会議所に入会した翌年に、『やえやま海洋少年団』を担当することになりましたが、その当時に『海の日』制定の署名運動を『やえやま海洋少年団』の団員たちと展開していたことを思い出します。


昨日の石垣港でのイベントで、海上保安庁の最新鋭の巡視船、石垣海上保安部の「よなくに」が一般公開されており、多くの親子連れや市民が最新鋭の巡視船の内部を見学していました。

(画像は、八重山日報NEWS.COMより)

私は、海洋少年団副団長時代は、「旧巡視船よなくに」や「旧巡視艇なつづき」などに体験航海で乗船したことがありましたが、この新型の「巡視船よなくに」に乗艦するのは初めてでした。

初めて見学する艦内の操舵室には、たくさんのCRTディスプレイが並んでおり、流石、最新の巡視船という感じでした。
また、外観も、艦橋が船の横いっぱいに張り出していて、海自のイージス型護衛艦のようでかっこよかったです。

この海上保安庁の巡視船は、『はてるま型PL型巡視船』という型式で(石垣海上保安部には、よなくにと同型のはてるまが配備されています。)、尖閣諸島の警備を強化する目的で造られたようです。

冒頭の『海の日』の制定趣旨に、『海洋国家日本の繁栄を願う』とありましたが、世界の海洋国家の中で、国民の祝日(記念日)に「海の日」を制定している国は、日本だけなんだそうです。

海洋国家日本に住む者として、また、南の国境に接する離島に住む者として、もっと海の安全や海洋権益の保護について、認識を深めなければと思いました。

また、我が国は、世界に冠たる海洋国家の『Coast Guard』として、 海上保安庁をもっと強化していかなければならないのでは...とも思いました。



コメント(2)

▼このメッセージへのコメント一覧

海の日
私も行きたかったです。

最近、海にも行っていません…。

しばらく我慢ですね。
2010/07/21 14:11:51 [ ふくすけ ]

あちきも行きましたよ?たまたま従兄弟が『よなくに』に配属されているので従兄弟の案内でいろいろお勉強致しました?海上保安庁の船恐るべしでした。
2010/07/21 22:04:49 [ みゆひめ ]


▼このメッセージへコメントを書き込む
名前(25文字まで)
URL
コメント
画像認証 下記に表示されている数字を半角で入力してください。