八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
CFR(外交問題評議会)シニア・フェローのシーラ.A.スミスさんと
2011/06/27 13:23:54 書庫 全般
今朝は、中国との外交関係の本の出版のための調査で来島された、C.F.R(外交問題評議会)のシニア・フェローのシーラ・A・スミスさんが、昨年の尖閣諸島での中国漁船による海保巡視船への衝突事件以降の石垣の動き等について意見交換を行いました。



中国を責任ある大国として、民主的な国際社会のルールに導き、如何に互恵関係を築けるかは、今後の日米の同盟関係に掛かっていますね。

その為にも、沖縄の基地問題は、日本国内、日米の問題だけではなく、国際社会の安定化を図る上で需要だということを日本政府はしっかりと認識し、問題の解決を図らなければならないと思います。




コメント(4)

▼このメッセージへのコメント一覧

>沖縄の基地問題は、日本国内、日米の問題だけではなく、国際社会の安定化を図る上で需要だということを日本政府はしっかりと認識し、問題の解決を図らなければならないと思います。

その通りだと思います。
しかし、日本政府に認識してもらう前に、沖縄県民にしっかり理解させることが重要に思います。
どうやって沖縄県民に理解させていくか、その具体的な方策をしっかり実践させていくことが求められているように思います。
2011/06/28 06:03:50 [ シゲ@ウチナーンチュ ]

>シゲ@ウチナーンチュさん

戦後、そして復帰後の沖縄が置かれた複雑な状況から容易なことではありませんが...
まず、市民に最も近い地域の市民リーダーや地方の政治家が、根気強く市民一人一人と対話し議論していくことを実践していかなければならないと思います。
2011/06/28 21:11:10 [ 砥板@身土不二 ]

砥板さんは、日米同盟や軍事力の必要性を理解している市民リーダー・政治家だと思います。しかし、沖縄にはそのような政治家やリーダーが非常に少ないように思います。難しい課題です。
応援していますので、ともに頑張りましょう。
2011/06/29 06:09:25 [ シゲ@ウチナーンチュ ]

ブログオーナーが認証後に表示されます。
2011/06/29 08:55:18 [ ---- ]


▼このメッセージへコメントを書き込む
名前(25文字まで)
URL
コメント
画像認証 下記に表示されている数字を半角で入力してください。